上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは、仕事で津の法務局に行った帰りだった。



鈴鹿を過ぎ、郊外の田園地帯を北上する国道23号線、



春の日差しも暖かなその日は、交通量も少なく



オイル交換も終えたばかりのエンジンもご機嫌で



踏みこむアクセルも快適だった。






職場まで残すはわずか24キロほど。



前方の車両との車間距離もかなりある。



さて、アクセルをもうひとふかししよ・・
















敵!?














赤色で、通常の3倍のスピードのコイツに気づく。

















いつの間にやら背後にピッタリつけられロックオンされていたようだ。






汗汗汗汗汗汗汗汗汗・・・・・・・・





サイレン、鳴るのか?鳴るのか?鳴るのか?鳴るのか(汗)





アウトか?アウトか?アウトか?????





0.5秒後には、踏み込んでいただろう右足のアクセルを、徐々にゆるめ、



さらにゆるめ、しずかにゆるめ、制限速度までなんとかかんとか落としてゆく。





サイレン鳴動せず。



(〃´o`)=3 ハァ~




獲物を逃したと悟ったVFRは、



回転灯を消し、車体を倒しこむや、



風のように抜き去ってゆく。







間一髪ちゅうか、勘一発




悪運が強いって?




(* ̄ノO ̄*)オーッホッホ!!






ブロ友諸君、くれぐれも交通安全でいきましょう(笑)







ところで、みんなは、とっ捕まった経験や間一髪で逃れた経験はありますかい?





そういえば…大学時代の悪友のK野君は、人一倍苦労して免許取得したのに
スピード違反であっけなく「免取り」になったという涙なくして語れない事件があったなぁ。
キー坊、覚えとる?(笑)
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。