上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローンレンジャーを観た3日後、

「パシフィック・リム」を観に行く。



劇場で予告編を見たときから気になってたんやけど、

観に行きたいという気がめっちゃ強く起きたんは、

たまたま朝のTVで放送されてた

来日中のギレルモ・デル・トロ監督へのインタビューを見てから。



この人、なんちゅ~日本愛にあふれた特撮・アニメオタクやねん!(笑)



デル・トロ監督は、メキシコ出身の48歳。

子どものころ、メキシコで放映されていたウルトラQやウルトラマンを

見て育ったことが、日本愛に目覚めたきっかけだという。

手塚治虫・宮崎駿・高畑勲・押井守・大友克洋・韮沢靖・弐瓶勉の名前に

『メタルギアソリッド』『ワンダと巨像』『ICO』といったゲーム名まで

ポンポンとでてくるし、なんとまぁ日本人もビックリのコアな知識。



あまりの好きが高じてフィギュア専用の家を2軒も持っているらしい。(笑)



秋葉原でバルタン星人の着ぐるみと抱擁し、大はしゃぎする監督は

なんともキュートで、こりゃーこの映画みなあかんやろということで

サクっと観に行った。



この映画

簡単にいうと近未来を舞台に、異次元からどんどん襲来する巨大生物と、

人類が開発したロボット「イェーガー」たちとの戦いを描いたSF大作。

菊地凛子や、芦田愛菜も出演している。








なんというド迫力!




単純におもしろい!


純粋におもしろい!



ひとことでいうと、


ハードロックみたいな映画やった。




ローアングルからの映像は、めっちゃ巨大感を引きずり出し



臨場感がハンパない!



ぜひ、劇場はなるべく前の方に座るべし。


字幕版がオススメだ。




しかし、これって、


ゴジラ対メカゴジラ+ウルトラマン+マジンガーZ
+エヴァンゲリオン+アルマゲドンをミキシングして
作ったんとちゃうのん?


と思わずニヤリとする。


巨大生物の呼び名が「カイジュウ」ってのも、うれしくなるし、

主人公ロボが撃つエルボーロケットはどこかで・・・、

おお!マジンガーZのロケットパンチかっ!(笑)

「日本アニメ好きのデザイナー」たちをわざわざ集めて

ロボットたちのデザインを作らせたっていうのも、興味深い。(笑)




音楽も映像にマッチしていて、なかなかよかった。



観終わったあとは、まさに、


戦い疲れてぐったりする。(笑)




好っきゃなぁ、こういう映画。


スッキリするわぁ。


評価は、もちろん





 でしょう。





ウルトラマン世代のアナタは必見ざんす。(笑)











スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。