上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.11 アツい夜には
こりゃもう暑い!やなくて、 『熱い!』 やね、この夏は。

みんな熱中症対策しとる?脱水になっとらへん?

あまりの暑さゆえ、映画館で避暑がお約束。hiropon168です、こんにちは。



さて、今月はオモロそうな映画がめじろおし。

ちゅーことで、まずは、

ジョニーの ローンレンジャー を観に行った。



その昔、親父もこの海外TVドラマが大好きで

ちっちゃい頃、横に座ってみてたものだ。



ストーリーなど、ほとんど覚えとらへんけど、

「インディアン嘘ツカナイ!」とか「ハイヨー、シルバー!」

ってフレーズは、はやっとったなぁって、かすかに思い出す。





この映画、

年老いたトント(ジョニー・デップ)が、思い出話として少年に語る

っちゅー スタイルで物語が進む。

白人がネイティブアメリカンを侵略していく歴史の真っ最中のお話やから

残酷で胸の痛いシーンも多々あるんやけど、

この 「ホンマでっか?」 みたいな語りべスタイルに

したことで、描写がマイルドになり、うまく救われている。

そのへんが、さすがディズニー映画。(笑)



それにしても、アメリカの悲しい過去が描かれたせいもあったのか、

封切り後のアメリカでは興行も批評も散々な感じやったみたい。



で、どんなにあかんのやろと思って観たら、なんのことはない




なかなかえーやん!
おもろいや~ん!






久しぶりの西部劇は、めっちゃ爽快、

蒸気機関車はがんがん走るわ、荒野を馬たちがバンバンかけめぐるわ、

コミカルでテンポのいいアクションでいっぱい。



こんだけ大きな予算をかけた西部劇が

大スクリーンで観れたってだけで

なんだかうれしいぞ。



終盤は、ウィリアム・テル序曲が流れまくる中

連続する怒涛のアクション

テンポも良くて、おのずとテンションあがりまくり(笑)


なかでも今回、特に役者として最高だったのは、

ジョニーでもハマーでもなく白馬。

存在感が最高やん。

神宮の神馬かっ!(笑)



内宮の馬_R



ちゅーわけで、


恒例の独断と偏見の評価なんやけど、

めっちゃ楽しくて爽快な西部劇

しか~し、149分という上映時間は、

中盤ちょいと長くダレるのでちょい減点

ラストの30分は最高やけどねー

でもまぁ、お馬さんもがんばってたので、







A-






にしときましょうか。(笑)



観て損はしまへんのでぜひどーぞ。

あ、エンドロールのオマケもおみのがしなく。(笑)







tonto





次回は、パシフィック・リムでお届けしまっせ。\(^▽^




スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。