上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.30 うるさいっ!
朝からセミがうるさい!

眠りを妨げられたやんかい!ちくしょ~セミのばかっ!

この怒りを久々にブログにしたためるhiropon168ですこんにちは。



降れスター納車の話や、中島美嘉のライブの話や

うえぽんちゃんが四日市に来た話や庭木の剪定の話や

釣りの話や落雷で困った話もみんなあとまわしやっ!




まだオヒサマも出きっとらん薄暗いのに鳴くっちゅう

魚みたいに活性の高い昼夜逆転認知症ゼミにも腹が立つ!

おまえらっ、朝まづめかっ!



それにしてもなんどもブログに書いてるが

ぜ~ったいにアイツらが

日本のこのクソ暑い気温上昇の元凶・原因やねん!







hiropon168学説(再掲) ※ガリレオのテーマ流れてるつもり


セミといえば、あいつらのオスの腹腔内には、音を出す発音筋と

発音膜、音を大きくする共鳴室、腹弁などの発音器官が発達しとって、

鳴きまくってめちゃめちゃ猛烈アピールしてメスを呼ぶ。

薄い発音膜が振動し、アンプで増幅、スピーカーで増強みたいな理屈やが、

当然、空気を振動させる。



分子が振動すればどうなるか、そう、電子レンジと同じである。

セミの独特な音の波が、空気中の湿度、つまり水の分子を振動させるため、

その分子摩擦によって加熱されるのである。きっぱり!

1ヶ所の公園ですら、やつらは何万といるらしいから、

日本中となれば億とも兆とも京とも言える個体数がわんさとおる。



ということは…、そう、つまり、

クマゼミの声が出勤キョヒを生み出す午前中の気温上昇を、

アブラゼミやツクツクボウシの声が、午後のうだるような気温上昇を、

ヒグラシは、朝夕の犬のおさんぽもしたくないほどの気温上昇を、

ニイニイゼミは、早朝から夕暮にかけての安眠妨害となる気温上昇を

日々刻々と着々とせっせとガンガンと産みだしているのである。

で、彼らが寿命を終え死に絶えた時、秋が来て冬がくるのである。





だから、誰かあいつらを、早く黙らせてくれいっ!





朝から鳴くなっ!!




ボケッ!( `Д´)ノ ---===≡≡≡ ★ シュッ














スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。