上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気がつけば、今年もあと三日やんか!

年末の大掃除やらなんやらかんやらもあるけど、

仕事帰りは、とりあえず、

マイカルシネマに向かってしまったhiropon168です。ごめんなさい




ホンマは、「山本五十六」を観ようと思ったんやけど、



気が変わって、コレ

 



0390525323dd079f5dc1b75831a9f4d6




まさか、ワイルド7が、今ごろ実写化されるとは。



ビックリ以外のなにものでもなかった。(正しくは、実写化リメイクかな)



原作者の望月三起也氏も、もう74歳なんやねー。



「秘密探偵JA」とか「ケネディ騎士団」とかも好きやったなぁ。知ってる?



ワイルド7



少年キングに連載されてたのは、たしかオイラが小学校5年くらいか、



「緑の墓」編なんか、いまでも印象に強く残ってる。



楽しみによく読んだなあ。



主人公の飛葉ちゃんがのってたのは、後進走行可能なHONDA CB750FOURだった。



当時としては、実存するバイクや車などを正確に描写していた画期的な作風だった。



オイラがオートバイ好きになったんは、たぶんこの作品に影響されたところが大きい。



いま読み返しても充分オモシロイ。



原作の登場人物と愛車はこんな感じ。



これらバイクの車種をみごとに描き分けていた。



飛葉:HONDA CB750FOUR
八百:ノートン・コマンド750S
両国:Kawasaki 500SS MACH III & サイドカー
ヘボピー:Harley Davidson FLH
世界:Harley Davidson XLスポーツスター
チャーシュー:BMW R50S
オヤブン:SUZUKIハスラー250
テル:トライアンフ・トライデントT160
デカ:BMWR60/5
ユキ:kawasakiバイソン250SUZUKI GT750、ドゥカティ750スポルト




うううう、なつかしいぞ。



今回の映画、



飛葉、世界、オヤブン、ヘボピー、本間ユキは原作どおり、



それ以外のパイロウ・ソックス・BBQは新キャラのようだ。



時代の変遷とともに、またがる車種も当然ちがってくる。



今回の映画化のために、



役者全員に大型二輪免許をとらせたんだとか。




HONDA:CB1100改
Kawasaki:W650改
Kawasaki:ゼファー1100改 サイドカー仕様
SUZUKI:GSX1300Rハヤブサ改
HONDA:シャドウ750改
YAMAHA:V-MAX改 トライク仕様
YAMAHA:SR400改




バイク好きには、たまらないなぁ



それに、



本間ユキのキャスティングは、深田恭子だし



もういうことありまへんなー。



草波警視正の中井貴一 もよかったね。



ただ、この映画、



原作を知っとって、その映画化やと考えれば、



敵味方問わず、銃や重火器の類を乱射しまくるシーンが頻繁に登場するのも



派手なバイクアクションをやりまくるんも当然のことやと思って



感情移入もしやすく、すんないり楽しめると思うんやけど、



原作をしらへんと、



なんでバイクやねん?



仮面ライダーみたいなノリか?とか、



こんな銃撃戦、現代の日本ちゃうやん!どこの国やねん!



と、よけいなツッコミをいれるかもしんない。



まぁたしかに今の日本の警察やと、銃の取り扱いは、過敏すぎるほど過敏で



「1発撃った」というだけでも、マスコミにたたかれまくり、



正当防衛であっても「始末書」を書かされるという組織やもんねぇ。



まぁフィクションだからしかたない。  それはさておき、



原作知らないとしても、



俳優陣もそれなりにかっこよく頑張ってるし、



ハリウッドばりのアクションシーンや銃撃戦、



それにバイクテクニックなんかも大いに披露されてんので、



この手のスッキリ爽快的作品が好みという方には



文句なしにオススメの、

 

評価は、B+



深キョンまたは、瑛太、椎名桔平ファンなら、B++かもね。



オイラ?



もちろん深キョンが大好きなので  と言いたいところだが。



瑛太の飛葉・・・・うーんビミョー。。。。(汗)



原作のイメージとちがうから、やっぱりB+かな。



もうちょいクールなイケメン、といっても、うーん誰がいいかなぁ・・・



「加藤和樹」とかいう感じかしらん??。実写化って難しいよねえ。




486-1





さて、今年は、今回でブログ納め。大晦日には実家に帰省します。

みなさんいろいろとこの一年、ホントにありがとうございました。

こんなオイラですが、また来年も仲良くお願いします。

歳をとるのはイヤだけど、年がかわるはおめでたい。

皆さん、よいお年を!




 

 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiropon168.blog.fc2.com/tb.php/1623-ebf9af9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。