上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義弟を誘って久々の、


2時すぎ起きの出立に、


南伊勢は筏上、


夜明けの5時にすくと立つ。


海水温は18度、


すでに超えてはいるけれど、


しゃくれどしゃくれどアオリイカ、


その反応は皆無なり。


さればとヤエンを仕掛けても、


放てど放てど、アタリなし、


生き餌のアジのみ元気なり。


そのうち爆風吹き始め、


エギングなどはできようか!


釣りにくいこと、最大級、


さればと、釣り場を代えるかと、


渡船屋さんに電話をし、


風うら筏へ移動をお願い。


吉と出るのかこの決断、


穏やか湾の奥深く、


のどかにウグイス聞きながら、


さらに、頑張る「釣れない隊」


しゃくれどしゃくれどアオリイカ、


その反応は皆無なり。


春イカねらいのヤエンだが


本数増やせどアタリなし、


さればと、動ける船でなし、


魚探で探るすべもなし。


お昼を過ぎて、山肌を、


降るる雲が気にかかる。


一転にわかにかき曇り、


大粒雨が降り注ぐ。


2時を過ぎても降り止まず、


釣り具は洗われ、帰っての


潮ぬきさえも不要なり。


大雨あがる気配なし。


 




・・・・

 




 



 

 



撤収!
















なにがなんだか

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiropon168.blog.fc2.com/tb.php/1570-8774e01e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。