上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.22 追補

さっそく、ノグさん、ターチ師匠より、

「そりゃ~ コウイカちゃうやん、カミナリイカやん!」 ←関西弁変換済

という ツッコミ をいただいたので、さっそく、調べてみた。

カミナリイカ ← くりっく

指摘されるまでは、コウイカと思い込んでたんやけど、

どおりで、クルクル回ってどよーんと釣れてくるコウイカらしくない、

めっちゃめちゃ強烈な曳きやと思った。



えーなになに


カミナリイカの語源は、雷の鳴るところで多く獲れるから、
もしくは雷の鳴る季節が旬であるところからともいわれる。


ふむふむ


カミナリイカ:房総半島から南に分布。コウイカを大型にしたようで、胴に派手なキスマークのような模様(紋)がある。


ふむー キスマークをつけて泳ぎ回るとは、なんと、ふらちなエロいイカだ。


身が厚いわりには柔らかく旨みがあり、かつ重量感のあるおいしいイカ。 漁獲が少なく、幻の高級イカになってしまっている。


おお!いまじゃ高級イカなのね!


味は抜群によい。ねっとりと甘く、旨味も強いが後味がほどよい。特筆すべきは天ぷらにした時の味である。身が厚いので中がジューシーで旨味が生に倍する。後味は甘く、すっきりと消えてくれる。


なるほどなるほど。。。


どおりで、バター焼き、めっちゃウマかったはずだ。


世の中には、しらんことが、多いなあ。 ん? オイラが無知なだけか

ひとつ賢くなった私です。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiropon168.blog.fc2.com/tb.php/1503-a9a3a136
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。