上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事がかったるくてストレスの宝石箱やぁ。。。

彦麻呂もどきhiropon168ですこんにちは。

ほんなもん発散せねば!と勤務終了後、発奮し、またまた映画館に直行。





今回観たのは、



ディズニーが手がけるハリウッド大作「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」だ



上映中  ず~っと



ん~~~~~?



な~んかこのタイトル、聞いたことあるねんけどなあ???



と、うずうずうずうずしていたのだが、



思い出した!



やっぱし、ゲームソフトタイトルやん!





げーむ




04年のPS2のゲーム



「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」を基にして作られとるんやん!



最近は、バイオハザードといい、ゲーム⇒映画となる作品も多いなあ。



昔じゃ考えられへんね。



それだけゲーム製作の完成度も高まってるってことね。







え?映画ですか?



オモロかったぞ~。



生身の肉体から繰り出される逃走劇と肉弾戦がスピーディに描かれていて、痛快。



鍛え上げられた体に、



ジャッキーやジェット・リーもどきのアクションシーンは、見応えあるねえ。



ハムナプトラ、インディ・ジョーンズ、タイタンの戦い、影の軍団(←ここ注目



を思い出させる観たことあるような同じようなシーンもあるんやけど、



それでも なおかつ おもしろかった。








簡単にいおう、









王座争い、魔法グッズ、謎の遺跡、悪の組織と、お約束のストーリー。

















え?簡単すぎる?









それじゃオモシロミがわからん?















もっとちゃんと説明しろ?








はいはい。。。



えーと、そうやなあ、



スケール感のある映画で、見せ場がたっぷりと盛り込まれた作品に仕上がってるぞ。


良くも悪くも、ディズニー映画らしい予定調和となる


「安心してみていられる娯楽大作」というばそうなんだけど。。。




んじゃ、ネタバレしない予告編程度にストーリーなど少々書くかぁ。






舞台は、古代ペルシャ時代。

伝説の「時間の砂」が収められた短剣「時のダガー」を使うと、数分だけ過去に戻れ、

取り返しのつかない過去を修正することができるという。

それは、世界を支配できる力を手に入れることを意味する。

短剣が悪者の手に渡ることを阻止しようと、王子ダスタン(ジェイク・ギレンホール)と、

彼に協力する聖なる都アラムートの姫タミーナ(ジェマ・アータートン)の冒険が展開。



事件の発端となる、聖なる都アラムートへの侵攻なんだけど、

アラムートが大量に強力な武器を隠し持ち、それをペルシャの敵国に密売している

という偽情報からはじまる。。。。




うーん・・・・・これってやっぱし、



今やってる「グリーン・ゾーン」と同じ展開で、



アメリカの闇の部分、イラク侵攻を皮肉っとるよねぇ、ゼッタイに。





タミーナ役のジェマ・アータートン、ん?どっかでみたなと思ったら



「007/慰めの報酬」や、ついこないだの「タイタンの戦い」にも出てたやん!



あん時は、あのエラ顔にあんまり魅力を感じなかったから、すぐにはわかんなかったぞ、


たみーな


今回の作品のが、ずっと魅力的だ。



ジェイク・ギレンホールの鍛え上げられた肉体と身のこなしは、



テトラポットの先っちょや、釣り船の舳先や、足元の悪い磯で



おっかなびっくり釣りをする我々おっさんたちの心までを魅了する。



うらやましいぞ。あの足腰!


だすたん



そして「時間」とくれば、これはもうファンタジーじゃなくて



SF的な一面もあるわけで



毎度ご都合主義的なオチも、まるっと、おみとおし、想定の範囲内だ。


流星号

 



しかし・・・・

 

 

 



物語は、めでたしめでたし で終わるんだけど



愛を育んだ時間が、命と引き換えにリセットされるということは、



同一人物でなくて、 クローン人間 として復活してるみたいなもんだから、



これじゃぁ、どう考えても、別人なんじゃなかろうか???



まるで、エヴァの綾波レイと、シンジの関係やん。。。。



と ちょっぴり切なく感じる私なのだった。



みんなは、これ観てどう思うかな。 ぜひ感想を。






ちゅーわけで、




個人的には、なかなかおもしろかったので、

 

こいつも B+ をあげよう。















ん? ちょっとまてい!



ふと今思い出したが、 最後の戦いの場へ赴く時、



王子は、近道である秘密の抜け道をつかい、



東京スカイツリー分?くらいのところから、必死で降りてったんやけど。。。。



崩れ去った抜け道から、やむなく引き返した王妃なんて、



あっというま、まるで3階から階段で降りてきたくらいで、



戦いの場に到着してたぞ!? なんでやねん??



お~い!製作責任者でてこ~い!

 

観に行く人は、ここんとこ要チェックだ。 と かる~く ダメだし 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiropon168.blog.fc2.com/tb.php/1492-20e8ff4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。