上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.25 やっぱり

花粉は飛ぶ飛ぶ今日も飛ぶ。ほとんどの日本人が発症してるのは、

公害大国、中国の有害物質と結合しちまった黄砂が、日本上空でスギ花粉と

魔のコラボレーションをしているからに違いない。hiropon168ですこんにちは。

 



お天気もよくて、花粉をかきわけ、梅の写真でも撮りに行こうかと思ってた休日



うえぽんちゃんのイカ釣り回転寿司理論(←クリック)が、あまりにもよくできてたので、



なんだか釣りに出かけたくなり、紀北町へアオリイカ釣りにお出かけした。



気温高めでも水温が14~15度と低いからか、堤防には誰もいない。



やっぱ、この時期は



深場でのボートエギングじゃないと釣れないよなぁ とか思いつつ、



10時から15時までのつかのま



早春の風もないポカポカの のどかな堤防でロッドを振り回す至福の時間。



澄んだ海や小魚の群れを見ているだけで癒される。








しか~し








釣れない。


 








やっぱし、釣れない。



 




あとから現れたヤエン師2人組のおっちゃんたちも



な~んにもアタリもなく、ずいぶんヒマそうだ。



水温18度以上の黒潮あたる和歌山南端あたり、



潮岬くらいまで南下しないと、やっぱりあかんのかな?

 

くろしお

 

 

いやいや、うえぽん理論によると、



それでもイカたちは 「イカ眼」 でじっとうかがっているというから、



ここは、エギのサイズを変え、色を変え、しゃくりかたを変え、場所を移動し・・・








 

 




釣れん。





 

 











さらにエギを変え、



テンションフォール、フリーフォール、スラックジャーク、ショートピッチ。。。


いろんな策を弄するも、








 

 

 

 



釣れん。





 

 









はっ、これはもしかして、釣ろう釣ろうとする行為、卑しい欲望が



エギの動きを不自然に見せているのでは?



イカ目線で考えると、  釣りたい=食べて食べて  というアピールが



いかにも



「アヤシイ」



と映っているのかもしれない。



うむ、さすれば、



イカから必死で逃げる新鮮なエサを演じなければいかん!



金熊賞・アカデミー賞主演俳優なみの迫真の逃げるまくる演技で。



よーし。ならばと



さらに、テンションフォール、フリーフォール、



カーブ、シュート、フォークボール、トウループ、ダブルサルコウ、トリプルアクセル

 

 



・・・・



 




 

 

 



釣れんわっ!



 

 

 





 



誰か、堤防にも、魚探つけてっ!



 

 

 

 






seicyou

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiropon168.blog.fc2.com/tb.php/1476-dd6ef289
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。