上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハブ=クサリヘビ科。


体長1m~2m以上。世界の猛毒蛇の1つ。黒い斑紋がある。


夜行性の毒蛇で、冬眠はせず年中活動して3~6月に最も多く、


日中は薄暗い処に潜み、日没後に動き始める。


頭部にピット器官という赤外線を感知する器官を持ち、


暗闇でも動物の体から発する赤外線をキャッチして襲いかかる。


極めて攻撃的で、日中でも人が近づくと音もなく飛びかかる。


獲物には頭部をたたきつけるようにして毒牙を打ち込み、


相手が弱まった時、アゴの骨をはずして丸呑みにし、


毒で約一週間かけて分解し細長い胃や腸で完全に消化する。


人が咬まれた場合、毒の作用はマムシより弱いが、毒液の量が多いため、


すぐに治療を受けなければ、広範囲に筋肉の壊死を起こしたり、


死に至ることもある。


ハブはマムシが胎生であるのと異なり、卵生であり


しかも生まれてすぐの幼蛇でも成蛇と同じ猛毒を持っている。


1年で36~46cmになり、5年もすると150cm以上に成長する。


今までの最長は227cm。






だそうだ。




 

 

 

 

 





レガシイの運転中、そいつはいきなり現れた。



ゴーゴーあるいは シューシューと物が擦れるような怪しい音が



車内の左後方より聞こえる。

 

 



前日までは、まったく気づかなかったのに。









いきなり、やられた!










ハブである!



 

 





ひえー











大親友の整備士のkurumayaさんのところに持ち込むと



後輪のハブベアリングが損耗しており、



車軸がガタついているのがその原因だと。



放置しておけば最悪タイヤがはずれることも。。。



とにかく ハブユニットの交換がきっぱりと必要らしい。



ダメもとで、スバルへクレームいれてみた。






「あの~後輪のハブがガタついてるんですけど・・・

クレーム修理は無理ですかぁ?」


『あ、6万キロまでは、大丈夫ですよ、対応可能です。』


「うっ。。。5年で11万キロ軽くこえてんですけどぉ。。。」


『すいませんが、有料修理ですねー』



 

 




ううう、やっぱり。。。。

 

 

 

うううう

 

 

 

 

 

 

もっと最強のハブを!

号泣



※ ハブがわかんない人は、ネット検索のこと




ん? 

 

なに?

 

前ふりのハブのお話と、まったくちがう?



あらっ?そう?



前段 「だそうだ」 までは、やけくそ ですから



川 ̄∠ ̄川 フフフ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiropon168.blog.fc2.com/tb.php/1456-dd285ec7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。