上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも ターミネーター


SFファンから見れば シュワちゃんデビュー作からしても


ツッコミ満載だった。


過去に行って未来を変えるだとぉおおお!


ほんなもん、お互いがミッション失敗こいたら、


また過去にもどりゃええねん!


宿敵どおしが、永遠に、その過去、


さらにその過去、またまたその過去みたいな


過去遡り競争チキチキマシン猛レース繰り返しときゃええやん!


時間の概念めちゃめちゃでんがな。。。


みたいで、それはそれで、じゅーぶんおもしろかった。




今回もただの未来の戦闘のお話っていうことだけなら


制作費も280億。VFXも力はいってるし、


迫力満載で純粋に楽しめていいんだけど


やっぱタイムマシンがからんじゃうと


よーく考えると。。。。。。


みょーなお話になってしまってるから おもしろい。





え? なんで? どこにツッコミいれるん?


というオチャメなあなたに


わかりやすいところから解説をいれよう。





未来から来たカイルはサラと結ばれ、ジョンが生まれる。OK?


未来では ジョンとカイルは知人やったよねえ?


カイルは過去に行ったときにサラを助け、戦闘で死んだよねえ。




ここまでの流れはOKかな?(笑)




 



さて皆の衆




時間軸がパラレルワールドでなく、1本だと仮定する



AからD と時間が経過するとしよう



カイルの行動を図解すると





A――――B・・・・・・・・・・・・C――――D





A:サラと結ばれる

B:死ぬ

C:生まれる

D:タイムマシンでAにゆく





どう?



あなたがカイルだとすれば、



生死をくりかえし、エンドレスに生きるのよん



つまり



不死の命を手に入れるオトクなカイルくんなのだった。



だからSFって別な意味で大好きさっ



T4

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiropon168.blog.fc2.com/tb.php/1432-c2f0b61d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。