上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.10 5本指

仕事がら、お通夜お葬式に出席する機会が多い。



少なくとも、年間12件以上は、



浄土真宗だろうが臨済宗だろうが学会だろうが神道だろうが



プロテスタントだろうがゾロアスター教だろうが自然崇拝だろうが



不幸があれば、宗派を問わず出向き、ご冥福をお祈りする。



そんな私を、大親友は『葬儀マイスターだ』と笑う。



先日も、深夜に急死された入居者方のお通夜に列席した。



葬祭場にてのお通夜



時間が近づき、大勢の人が集まってきている。



ところが、故人の名前が違う。



おかしいな?と思うも、場所に間違いはない。



2階の通路に、こじんまりとお名前があった。



ご家族の意向で家族葬でとりおこなうらしい。



せっかくですからどうぞと、ご好意にてご一緒させていただき、



予想外の小さなタタミ部屋で、僧侶の読経とともに



ご冥福をお祈りする。





前に出て焼香をする。






ん?






なにやら正座する後ろから視線を感じる・・・・
















へたこいたぁー!


  il||li _| ̄|○ il||li  (小島よしお調)












タタミ部屋は想定外

 

 

 

 



こんな靴下で参列していた(汗)










ゆびつき~(^^ゞ


礼服に指つき靴下は、とっても、おまぬけだった

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiropon168.blog.fc2.com/tb.php/1296-326dd564
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。