上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.25 学説に反論だ

うっとおしいネタを最後に、ネタ不足でブログが更新されないってのもなんだか癪に障る、hiropon168です。てなわけで、本日は、めずらしくニュースネタから更新だ





泥酔無事帰宅の“能力”に脳の神経細胞が寄与

(読売新聞) - 10月25日12時37分更新



 道順を記憶している脳の神経細胞(ニューロン)があることを、日本大学大学院の泰羅(たいら)雅登教授、米ロチェスター大学の佐藤暢哉・研究員らのチームが突き止め、24日の米科学アカデミー紀要電子版で発表した。
 「酒を飲み過ぎて何も覚えていないが、ちゃんと自宅に帰っていた」などという“能力”も、この神経細胞のお陰らしい。泰羅教授らは、人が脳の頭頂葉内側部を損傷すると、知っている場所でも道順がわからなくなることに着目。レバーを操作して画面上の仮想空間を移動できるシステムを使い、ニホンザルに2階建てのビル内を目的の部屋まで移動する訓練を行った。道順を覚えた後、脳の働きを調べたところ、ビル内の特定の場所で曲がった時に活動したり、特定の行き先を目指している時だけに活動する神経細胞が、頭頂葉内側部にあることが見つかった。






なるほど、ふんふん、そーゆうことか、



特定の行き先を目指しているときだけに活動する神経細胞ねぇ・・・・





ん?


mihune


ちょっとまてい!



『「酒を飲み過ぎて何も覚えていないが、ちゃんと自宅に帰っていた」

 などという“能力”も、この神経細胞のお陰らしい。』



っておかしいやんか!



そりゃ、まだ完全に泥酔してんじゃなくて、



帰り着いてから、どっと酔いがまわって、どーやって帰ってきたか、



それを、忘れっちまったと考えるのが正しいんじゃねーの???



新聞記者の取材ミスとちゃうのん???



ホンマは、酒で脳の頭頂葉内側部が、にえにえ になっちゃうと、



知っている場所でも道順がわからなくなる



っちゅー話とちゃうんかい!えー?どーよ?





と、米科学アカデミーと読売新聞に真っ向から



異論をふっかける私。※けっしてカラミ酒ではない






では、証拠事例を数点提出するぞ。




事例1 昔、うちのオヤジは泥酔して、となりの団地の階段をあがり、よそさまの部屋のチャイムを鳴らしてた。


事例2 オイラは泥酔して帰り着けず、深夜の交差点のまん中で寝てた。


事例3 泥酔して家までたどり着けず、田んぼにはまったこともある。(真冬)


事例4 スーパーの駐車場のフェンスに進行をこばまれ、帰れなかったこともある。


事例5 まったくちがう方面の電車に乗って、全く見知らぬ駅のホームのベンチで我にかえったこともある。




どうや!





ほんなもん、酔ぉとったら




帰れへんわい!





 

米科学アカデミーまいったか!






ん? 






ただ過去の自分の恥をさらしているだけ?




し、しまった!






まだ、事例は、めっちゃあるが…





わ、話題をかえよう。






学生の頃、



よく京都の三条~四条河原町、木屋町や先斗町で飲んだりしてたけど、



どーーーーーーしても、シラフでは、うまくたどりつけない



そんなスナックがあったことを思い出す。




そこは、けっこう入り組んだ雑居ビルの3階?にあり、



はしご酒3件目ほどに、適度に酔っ払っていないと



なぜか、その店には、たどりつけない。




行きたくても行けない、そんな店があった。


ぽんとちょー



酔ってこそうまくいく、



そんな経験、みんなは、ないんかなあ??



と、無難に話を終える本日のブログであった。( ̄▽ ̄lll)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiropon168.blog.fc2.com/tb.php/1227-d2b4f628
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。