上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どーもー 
降りかかる黄砂やヒノキ花粉をすばやくよけながら生活したい。
ごぶさたしておりますHiropon168です。



さて今日のお題はタイムトラベル。

タイムマシンのお話はいろんなSF小説、映画でさかんにとりあげられてますが、

時間旅行「タイムマシン」のお話は

1866年イギリス生まれのH・G・ウェルズによって1895年に書かれてる。



なんと今から111年ほど前ですよ!

うちの施設にだってそんな高齢のおばーちゃんはいませんね。

1959年に続き2002年に再映画化されたのは記憶に新しいところ。

あらすじはこんな感じ

1890年代のニューヨーク。
事件で失った恋人を助けるためタイムマシンを発明してしまった大学教授
しかし、死んだ日に戻っても運命そのものはどうやっても変えようがないことを知る。
その理由を解き明かすため、今度は一転、未来へ向け時間移動し
2030年の世界へと降り立つのだったが事故にあい
やがて80万年後の世界をも目撃してしまう。

たいむましん

なかなかよくできているので、見てない人はレンタル屋さんへGO



ターミネーターにしてもバックトゥザフューチャーにしてもそうなんだけど、

その手のお話には、『タイムパラドクス』ってーのがつきものだ


わかりやすく言うと、時間旅行に伴う矛盾ですね。

よーく考えてみると

おかしいやないかい!  ってなことになる。




その映画ではタイムマシンがそこに固定されるちゅーんなら、

地球の自転公転があると、宇宙空間へほおりだされちゃうでしょ?

地殻変動なら、土の中で未来へ出現! 海中だってありえるぞ!  (こりゃ苦しい)



それとかさー、タイムマシンで5分前の世界に自分が行くとすると

その世界には自分が2人いるつーことになる。

で、その世界の自分二人がタイムマシンで6分前に行くと

自分が3人。

じゃあ、

今ものを考えているオレって誰やねん?

ってなことになる。


その要領でタイムマシンも簡単に複数台つくれちゃう(笑)

バックトゥザフューチャーのマーフィーが乗ってたデロリアンも、

完成したら1分前に行けばあーら不思議2台が存在。

ネズミ算式に増やすのもほーら簡単。


でも

自分も増えるし( ̄□ ̄;)




面白い矛盾は、いろいろある

今の自分がたとえば、自分が生まれる1日前に行って、死んじゃうとする。

時間が経過して1日後に自分が、おぎゃあと生まれる。

そのまま生活を続けるとタイムマシンで過去に行って死に、

そしてまた1日後に生まれる。

永遠にそのくりかえし??( ̄□ ̄;)



もしものお話だけに、おもしろい。 もしもなんだから、楽しめればいいのだ。



さて、前ふりはさておき、

先日夕食を食べようと郊外へ

そういや、確かこの辺にぽつーんと、

メチャ安のろばた焼き屋さんがあったっけなあ、

若かった当時は、こんなとこまでよく飲みにきたもんだ。 (飲酒で)



今からもう 20年も たつなぁ。(しみじみ)

 


きっと、つぶれてないんだろーなぁ。


あたりの店もさびれてるしー。


と感傷にふけりつつ、


交差点周辺をみまわせば



ん?あの灯り・・・・・・



あるじゃないの!!!!!


20年ぶりに おそるおそる のれんをくぐると、


まーーーーーーーーーーーったく同じ店内の光景


オヤジの顔ももちろんのこと、


おしながきから、食器から、座席から、なにからなにまで、なーんにも変わっていない。


(改装するお金が、きっとなかったんやろなあ……うっ、消しておこう)


こうまでかわってないと


ほんとに自分が過去に ぽ~んと、ほおりこまれたか、


あの頃の自分になってるっていうのか、


奇妙な 不思議な 感覚にみまわれる。


タイムトラベル!ほんまにこんな感じやね。




ん?二人でこんだけ食って飲んでも4千円?



安いのも同じ!



「おねーさん、僕たち20年ぶりにきましたぁ」

↑さすがにオネーサンと呼ぶのは……タイムトラブル



『あら~、そうなんですぅ? 実は、今年で30周年なんですぅ~』



やるな! お○は○!(←店名) すばらしい!(拍手)よくぞこんな吹けば飛ぶような店が




え?なに?


車でいって飲んでたのかよって? い、いやそれは・・・・


ん?


誰といったんだって?


そ、そ、そんなことは気にしちゃいけませんよ・・・ (汗)。




えぇえぇ、タイムトラベルには


矛盾がつきものなのですよ


矛盾がね。

ドラえも~ん、タイムマシンとはいわんけど、これくださーい↓

yarinaosiki

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiropon168.blog.fc2.com/tb.php/1195-534fd21e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。