上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.14 聖なる日?
どーもー、ご無沙汰しております。
トリノオリンピック、
プロペシアでのドーピング問題に
心痛める今日この頃、hiropon168です。




バレンタインデーだそうな。

日本チョコレートココア協会の統計だと、

バレンタインのチョコの国内の総売上は600億円ほどだそうだ。

総女性人口の半数がバレンタインをやっていると想定すると、

一人あたり約1000円使っている計算になるらしい。



ちなみに


チョコの年間国内消費量は23万トン。

うーん、なんだか想像ができない量。

東京ドーム何杯分なんだろ?

なーんて、考えただけでも、

甘~~い(スピードワゴン井戸田調で)



しかし、

日本チョコレートココア協会のホームページ

なんともおいしそう。(余談)






おお、こちらには、なにやら書いてあるぞ、





バレンタインこと聖バレンティヌス

ローマ皇帝クラウディウス(在位268-270)は、強い軍隊を作るため

兵士の結婚を禁じていたが、

バレンティヌスは、それを無視して兵士の結婚式を執り行ってやった。

これをとがめられてバレンティヌスは逮捕され

処刑されることになったが、

このときアステリオという判事の手で取り調べを受けた。




ふむ




このアステリオには目の見えない娘がいたが、

この娘が取調中のバレンティヌスと

密かに心を通じ合わせるようになり、

その愛の力で彼女の目が奇跡的に直ってしまった。

それを知ったアステリオはバレンティヌスに感謝し、

一家そろってキリスト教に改宗してしまった。




ふむふむ




ところがその件が市長に知られると

市長はアステリオの一家を逮捕し全員処刑した。

そしてバレンティヌスは悪の張本人として

数々の拷問を受けたあげく、最後は棒でなぐり殺された。





ひえー




この話のポイントは

「1.結婚が禁止されている恋人たちを結婚させてやった」
「2.愛の力で目を直した」

ということで愛と関連しており、
そこから恋人たちの守護者がバレンタインだとされるらしい。







んー・・・




ちゅーことはなにかい?




法律(軍規?)でダメっていわれてることを、

「なんてったって

法律より、愛情優先だ~い

『おっけー』オイラが結婚させちゃうぜい♪」って

勝手にやっちまったバレンタインさんだけど、

後の世で評価されたと??




たとえば、今でいうなら




『不倫はいけません、おくさま!!!』

というところを、



『よっしゃあ、やっちゃいな、やっちゃいな、それも愛だぜ~♪』

ってあおって、

結果オーライになっちまった

ってことといっしょなんとちゃう??




よっしゃあ

俺も『聖バレンティヌス』と呼ばれるように啓蒙活動をするか

えっ?それは、あかん、ちゃうって?(笑)





バレンタインデー・・・うむー奥が深いぞ





おっ、こんなところにも関連記事が…

ばれんたいん
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hiropon168.blog.fc2.com/tb.php/1186-17495fef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。