上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ロボット


封切りしているというのに、三重県じゃ上映してへんので


近鉄と地下鉄を乗り継ぎ、交通費片道950円もかけて、


わざわざ名古屋の伏見ミリオン座まで観に行ったんやねんど!


どうだまいったか! (笑)




この映画、前回のブログでターチさんがコメントくれたように、


TVで予告編観てから、気になって気になって気になってしゃーない作品だった。


感想を簡単に言うと、大金をかけて大真面目に悪ふざけしてるような作品。キッパリ!


その作りようが、



実にあっぱれ!実に潔い!




しょっぱなから、アシモフのロボット三原則を否定してはじまるし、


きっぱり「兵器」としての運用を目指して開発しとったっちゅーのもめっちゃ潔いぞ(笑)


今まで、こっそり人型ロボット兵器を作るとかいう映画は、いくつもあったのに、


はじめからかい! (笑)




ちなみに、鉄腕アトムなんかの作品にも大きな影響を与えている


この有名なロボット三原則ちゅーのんは、


ロボットSFの第一人者アイザック・アシモフが1950年に書いた短編小説


「われはロボット」に登場する文言。




三原則の内容はこんなんだ

第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、
人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。
ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、
自己をまもらなければならない。








よくあるSFなんかでは、ロボットが常にこの原則に従おうとして、逆にうまくいかず、


様々な事件をおこしちゃったりするんやけど、


これははなから、ロボット三原則はインストールしていないと博士が高々と宣言しちゃうんだから、


ほんとにもう困ったもんだ(笑)




ストーリーは、めっちゃわかりやすい。


鉄腕アトムのような感情を持つまでのレベルに高められたロボット「チッティ」が


博士の恋人に恋をして失恋、その後、分解されるも、ライバル博士の手で再生。


過激なストーカーに変貌して大暴れするというストーリーだ(笑)




これがまた、最新のVFXを駆使したあり得ないアクションシーンてんこもりで、


あまりのすごさにド胆を抜かれる。


いくらなんでもやりすぎちゃうのん?というくらいアクションのクドさ超満開。(笑)


こりゃーインド人もびっくり、日本人もびっくりだ。



おもしろいやんっ!楽しいやんっ!



インド映画パワーに圧倒されて


矛盾点をツッコミすることすら恐れ多いぞっ!(笑)




主役は、アトムでいえば天馬博士みたいな天才ロボット科学者に、


ラジニ・カーント


この人、なんや暑苦しい中年やねんけど、インド映画界のスーパースターらしい(笑)


オイラには、終始、藤岡弘にみえてしかたなかった。



博士の恋人であるヒロインのアイシュワリヤーが、これがまためっちゃ美しい。



元ミスインドだったそうな。






インドの人ってなんか美人が多いよねぇ。


ロボットコスプレ姿で踊るアイシュを観るだけでも行く価値ありかもよ。




んでもって、この映画、日本で公開するにあたり、


上映時間が長すぎるとはやらへんと考え、2時間19分に編集したらしいんやけど、


ぜひ完全版を観たいというファンの要望にこたえて、


本国インド版の2時間57分バージョンの公開も決まったそうだ。


う~ん、インド版も観てみたい。





おお、そういえば、評価を忘れてた。




これはもう、


素晴らしく大真面目にバカバカしくて、びっくりで、超楽しいの、




A   ですね。キッパリ!



オイラのように、ちょいと足を延ばしても観に行く価値ありかもよ(笑)


インド映画ならではの歌や踊りを交えて作ってあるのもめっちゃ楽しいぞっ。


おそるべし!ロボット。(笑)







スポンサーサイト
眼の調子が悪い。片眼だけが原因不明の充血。

ムカデ駆除剤(忌避剤?)を施設の周りにせっせと散布していたせいかしらん??

ひょっとして薬剤がしらんとるうちに眼に入ってたんか?Σ( ̄ロ ̄lll)

鏡に映る自分の血走った眼がコワイhiropon168です、瞳がワイルドだろ?




その血走った眼で、


またまたまたまたまた映画を観てきたぜぃ。


それも3本連続だぜぃ。どーだい、眼にワルイだろ?


あかん、すぎちゃん風やめとこ。くせになるぜぃ。。。うっ、また。(汗)






観た映画は



ダーク・シャドウ

MIB3

きわめつけが、インド映画 「ロボット」




まずは、ダーク・シャドウから、







これは、


ジョニー・デップとティム・バートン監督が8度目のタッグを組んだ、


一風変わったヴァンパイアホラー作品。


流血シーンや若干のシモネタ会話、微妙なセックス描写(?)があってなのか、


PG-12指定というビミョーな映画。






感想…











う~~~~~~ん














簡単に説明するとやね、


良質の食材をふんだんに使って、


さまざまな手の込んだ香辛料を加えた結果、


めっちゃマズイ料理になっちまったがな! って感じ。 ┐( ̄ヘ ̄)┌




ホラーなんか、コメディなんか、ラブストーリーなんか





ええい!

ハッキリせんかい!!!








すべてが、めっちゃ中途半端やないかい!





えーと、ズバリ言います。



ジョニーファンのひと、ごめんなさい。



評価は、








観に行く必要なし。キッパリ。




さて、こんなんほっといて、サクサクと次にいく




MIB3








ご存じMIBシリーズ


1997年に1作目、2作目が2002年やから、


なんと10年ぶりの3作目、


こんなに年月あいちゃうともう、わーい続編だぁ。


とかじゃなくって、 おっ、懐かしい作品やないかい って感じやね。






お話を簡単に。

MIBのエージェント「J」(ウィル・スミス)と「K」(トミー・リー・ジョーンズ)は、

日々地球に住む違法エイリアンの取り締まりに追われていた。

ある日、月面の刑務所からアニマル・ボリスと呼ばれる男が脱獄する。

次の日、「J」がMIB本部を訪れると、どこか様子がおかしい。

「K」は40年前に死亡していたと聞かされるのだった・・・

ボリスの仕業と知った「J」は、「K」を救うため過去にタイムスリップし、

そこで若き日の相棒『K』と出会うのだった・・・ちゅ~筋立て。





しかし、このコンビシリーズ、何年たとうが期待を裏切らへんね。


軽薄でノリの軽い「J」と、頑固で無愛想な「K」の組み合わせ、


この2人の掛け合いの面白さがええね。それだけでも見ていて楽しいやん。




2作目では「Kが記憶を無くしている」という前提での初対面?のギクシャクの面白さ


今作では、タイムスリップし、若き日の「K」と出会うため、必然的に初対面?になるという、


前回と同じような面白さを演出してある。


若き日の無愛想な「K」を演じるのは、トミーではなく、ジョシュ・ブローリンという役者。


まあ、元祖「K」こと、トミー・リー・ジョーンズも


1946年生まれやから、1作目の時から15年、いまや66歳やねんから、


さすがにVFXを駆使しても若づくりの演技はしんどくて、


ジョシュ・ブローリンを起用したんやろけど、


コレ、実に見事な配役というんか、演技というのんか、


どっからどうみても、「若き日のトミー・リー・ジョーンズ」にしか見えへん。(笑)



タイムスリップ先の1960年代の細かな描写もみごと。


風景描写は言うに及ばず、人種差別を皮肉ったり、ピッピーがいたり


ジャニス・ジョプリンだったりアンディ・ウォーホールだったり


ミック・ジャガーだったりの名前も飛びまわる。(笑)




楽しい映画やったんやけど、


SFファンのオイラとしては、タイムパラドクスもやっぱり少々気になる。


最後のオチは、バタフライ効果とかカオス理論をいっているんだろうけど、


既に、主人公がタイプスリップして自らの体積で空気を押しのけた時点で、


歴史はすっかりしっかり変わっちゃっとるやろし、


もっといえば、「ターミネーター」の時でも同じことが言えるんやけど、


過去に起きた殺人を防ごうとして過去に行った「J」が成功したら、


成功させまいとボリスはさらにもっと過去にタイムスリップすりゃいいし、


んじゃ、それを防ごうとさらに「J」は、より過去にタイムスリップし、


さらにそれをじゃましようとボリスはさらに過去にタイムスリップ


どうだ!タイムスリップ!


まいったか!タイムスリップ!


まだまだ!タイムスリップ!


ええい!タイムスリップ!


ちゅー


「めんどくさいから、もうやめっ!」とどっちかが言わん限り


永遠に続く追いかけっこが生じることにならへんか?(笑)



さらに言えば、仮に現代に生きている「J」が過去の世界で死んだとしたら、


誕生日に「J」は既に生まれてるんやから、


ある年齢まで生活した時に、同じように過去に行って


過去で死んで、また生まれて生活してある年齢で過去に行って死んで、


また生まれて、生活して過去に行って過去で死んで・・・ああややこしい(笑)


別々の時間軸が存在するという前提の時間旅行のお話もあるんだけど、


考えれば考えるほどわけわかんなくなってくるからおもしろい。






劇中「奇跡は起こらないようでよく起こる」というセリフがある。


「未来は変化しうるもので、それは多くの奇跡(偶然)の上に成り立っている」


これがこの映画のメッセージなんかな?



それと


エージェントの内面に触れるホロッとくるシーンもあって上出来。




ちゅーわけで、



評価は



10年ぶりのコンビ復活で


めっちゃ楽しいが、よーく考えるとタイムパラドクスにちょっと悩む(笑)の




B+ にしとこ。





前作を観てない人は、2本ともレンタルで観といたほうがより楽しめるのでオススメ。


MIB本部のモニターの映像の、レディー・ガガ もお見逃しなく。


実は、彼女はエイリアンだったのね(笑)





さて、ほんじゃあ



極めつけ、書いちゃおうかい、



製作費37億円、インド映画史上最高のメガヒットとなる



興行収入100億円超えを記録したという



『ロボット』









と思ったが



ちょっと、書きつかれたので、次回へ続く。(笑)




来週月曜日は、日食。


本州で見られたものとしては129年ぶりの金環日食だそうな。


それも三重県南部は、金環日食観測の絶好のルート上となるため


義弟のあっちゃんと、先月から画策し、


この20、21日には連休をとることに。


んでもって、尾鷲周辺の海で、まったりと釣りなどしながら


のんびりと金環日食を楽しもうという計画。








・・・・











そやのに










・・・・









月曜日、ピンポイントで



仕事が舞い降り



出勤 ってなんやねん。














いや~ 日食網膜症にならなくてヨカッタ、ほんまにヨカッタ。




日食みたいなもん、たかが、太陽の前を月が横切るだけの物理的現象やん。




ほんなもん、みてやらんわい!ふん!




ぐすん。


2012.05.18 非公式同窓会
息子が中央大学のアメフト部だという大学時代の友人が

立命館大学との対抗試合の応援のため

横浜から遠路関西までやってくるというので、

そんなら、

いっそ、同窓会をかねて一緒に観戦せーへんかっちゅーことで、

12日、仲間に集合がかかった。

集合場所は、大阪万博会場跡地にある

EXPO FLASH FIELD スタンド席。


午前11時、試合開始から、もちろん缶ビール片手に応援だ。

試合後の二次会?は千里中央駅周辺で飲みまくり

まだ20時頃やっちゅーのに、すでにすっかりいいきぶん(笑)

8人の予定が、結局5人になってしまったものの

めっちゃ楽しいプチ同窓会やった。 




中央大学VS立命館大学



プレイ開始
プレイ開始




がんばれ
がんばれ




ガンバレ
ガンバレ




激突
激突




ゆけっ!
ゆけっ!




気合いを
気合いを




たたずむ防具
たたずむ防具




出撃準備
出撃準備




ガンバレッ!
ガンバレッ!




得点
得点




校歌
校歌2

校歌




不安適中
不安適中




ぽつんと
ぽつんと




祈り
祈り




敗戦
敗戦




謝辞
謝辞




充実感
充実





甲子園ボウルでまた会えたらええなぁ。

それにしても、愛機E-PL2

連写が遅い!遅すぎるぞ!



もっと速く反応してくれっ!
もっと速く反応してくれっ!


モスク・ハン博士にマグネットコーティングをほどこしてもらいたい。(T-T)


2012.05.08 久々の(T-T)
ブロ友の皆様、ゴールデンウィークたらいうもんはいかがでしたでしょうか?


hiropon168です、こんにちは。




世間でいうところのGW中は、ず~~~~~~~っとフツーにお仕事で、



7日にようやくお休みとなった。



きっぱり天気予報も ハレっ!!  \(^▽^@)ノ ヤホーイ



となれば、こりゃ行くっきゃないでしょ。と



わーいわーいと釣り具を積み込み元気に出撃。



フルスロットルで満月で大潮の海へ。





風もなく、ご機嫌にしゃくしゃくロッドを振りまわす



そのわずか3時間後






ドゴォオオオオオオン





おっ!爆音が上空から。



高高度を戦闘機かっ?F-15?まさかF-22?



それとも、ファントム?



PA230904
PA230904 posted by (C)hiropon168




おお!こんどは閃光がっ!



はっ!もしやこれは!照明弾かっ!!なわきゃあ~ないわな~(汗)






・・・・・・・・







あうっ! やっぱし、バラバラきたっ!!














戦闘機ちゃうやん航空機ちゃうやんF-35でもガウ攻撃空母でもないやん。(T∇T) ウウウ






















雷やん・・・・・











ゴロロロロ












ピカッ!!!!









うぎゃっ!








雨雨雨雨雷鳴雨雨稲妻雨雨雨雷鳴雨雷光雨稲妻雨雨雨雨雨雨雨雷鳴雨雨稲妻雨雨雨雷鳴雨雷光雨稲妻雨雨雨雨雨雨雨雷鳴雨雨稲妻雨雨雨雷鳴雨雷光雨稲妻雨雨雨雨雨雨雨雷鳴雨雨稲妻雨雨雨雷鳴雨雷光雨稲妻雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨…



















ううううう・・・せっかくの遠征が。。しくしくしく




2012.05.04 映画環境+
「アヒル口族」総統hiropon168です、こんにちは。

この書き出しから、オマエ、テルマエロマエ観に行っただろうと

推察された聡明なるブロ友諸君もみえることだろう。


正解っ。 (笑)



その映画のお話の前に、なぜこんなに映画に行きまくれるか、

本日はまず、オイラの映画鑑賞環境からお話しよう。


通勤はマイカーで、片道12キロ約20分のところに職場がある。

ちなみに職場から東名阪のICまでは10分ほどだ。


あくまでも直線距離の話やけど、劇場までは、


職場から10キロ以内に2ヶ所

 桑名ワーナーマイカルシネマズ
 109シネマズ四日市


20キロ圏には

 鈴鹿ワーナーマイカルシネマズ
 TOHOシネマズ津島


30キロ圏まで足を伸ばせば

 アピタ稲沢ユナイテッドシネマ
 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ



と、観ようと思えば簡単に行ける3種の大手シネコンが6ヶ所ある。

ゆえに、だいだい18時半~19時半くらいの上映開始の作品をめがけ (これ以上遅いとハラ減るもん)

仕事帰り、愛車をぶっ飛ばす。  

ん? 残業? 行くと決めた日にそんなもんはせん! キッパリ!

まぁ、6か所もあれば、観たい映画は、必ずどっかにヒットする(笑)



んなわけで、本日の本題



「テルマエ・ロマエ」  観に行った。



古代ローマ時代の浴場と、現代日本の風呂をテーマとしたコメディである。



原作は、「コミックビーム」に連載しているヤマザキマリさんの同名のマンガ作品で



手塚治虫文化賞や書店員の選ぶマンガ大賞などなど数多く受賞している。



題名の「テルマエ・ロマエ」ちゅーのは、ラテン語で「ローマの浴場」という意味らしい。



古代ローマ人の浴場設計技師 (阿部寛) がタイムスリップで、



現代日本と古代ローマを行き来することにより巻き起こすコメディ。



上戸彩は、作者ヤマザキマリさん役?(笑)といったところか。



全編おしゃれな作りでユーモアたっぷりだ。



それにしても「トリック」の上田教授といい、



こういう役を演じると、阿部ちゃん、ほんまにウマイなぁ。







それに、さすが元モデル、均整のとれたいいガタイしとるよなぁ。じつにウラヤマシイ。



いや~それにしても、どの役者も、顔が濃い!(笑)



古代ローマ人よりも濃い!(笑)



対比されてる「平たい顔族」の役者たちもとってもよい(笑)



物語の後半、



タイムパラドクスうんぬんと、リアリティ路線に走ったところが



少々蛇足みたいに感じたんやけど、



コメディとしてはナカナカおもしろかった。とってもよいできです。 



欲を言えば、序盤のいきおいで最後まで突っ走ってほしかったぞっ。



というわけで、




B++ 




にしておきましょう。



阿部ちゃんのヌードがみたい女性は必見です。



どアップの入浴シーンにも耐える上戸彩のお肌もキレイでっせ。(笑)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。