上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.25 二本立て
今日は、なんだか、じゃかじゃかどばどばと黄砂が降り注ぐらしい。

「洗濯物を取り入れるときは、よく払い落しましょう」と天気予報。

そんなにヒドイんやったら、いっそ

「洗濯物は、外干ししないほうがいいでしょう」と言ったほうがええんちゃう?

朝からお天気キャスターに思わずぼやく。hiropon168です、こんにちは。





しばしブログをおさぼりしている間に、



またまた映画を2本も観てきてしまった。(^^ゞ



あ、同じ日に2本観るほどヒマじゃないぞ、別の日やで~別の日(笑)







なわけで、まずは、簡単にご紹介するのが



『劇場版SPEC~天~』





SPEC




これはもうTVドラマシリーズからのSPECファン専用っちゅーか



かなりマニアックに作り込んであったので、



初めて観る イチゲンさん やとよくわかんないかも。



堤監督のオヤジギャグ的ワルのりも全開。(笑)



小道具からセリフから衣装から、わかる人にはわかる小ネタが



あっちゃこっちゃに仕掛けてあり、気づくたびクスッと笑える構成。



しいていえば、どんどん荒唐無稽になっちゃってるのがやや難。



評価は、




まあまあの 




あ、戸田ちゃんファン加算で、B++ にしとこ。(笑)






さて、本日の本命であるもう1本の映画は、





バトルシップ





きっと酷い出来だろうと、あまり期待せずに観に行ったら



あらっ予想外! めっちゃ面白かった。






地球外から総計5隻の宇宙船で突如やって来た異星人達と



たまたまハワイ沖で、環太平洋合同軍事演習中だった米海軍&



日本の海上自衛隊が遭遇、コイツらに侵略されちゃかなわんと



日米が力を合わせて戦い撃退するという、





強くて派手な事が正義やねんど!
アメリカ海軍すばらしい!アメリカ万歳!





っちゅー めっちゃ金のかかった、ユニバーサル映画100周年記念作品だ。(笑)





確かに他の人の映画評でもあるように、ツッコミどころも非常に多く、



星間飛行までできる科学レベルをもってして地球を侵略しに来た連中が、



地球製レーダーより高性能なもの、もしくはそれに準ずる装備をもっとらへんちゅーのも



考えにくいし、なにより、しょっぱなに人工衛星に衝突しちゃうのも情けない。



そんなんでよく地球に来れたなエイリアン!すごいぞエイリアン!とほめてやりたい。



他にも、長年、記念艦として係留してあった戦艦ミズーリに、



すぐさま戦闘行動を可能にするだけの燃料や弾薬が搭載されているはずがないし、



他にも、あらっ?というおかしな点が何カ所かあるんやけど、



それら「マイナスツッコミ要素」をぜーんぶひっくるめても、



やっぱし、艦隊戦は 男のロマン ちゅーか、



駆逐艦や戦艦が ドカンドカン 撃ちまくるっちゅーのは爽快だ。



第二次大戦モノ映画はもちろんのこと



「宇宙戦艦ヤマト」や「ガンダム」だってそうだ。



そう、絶体絶命の窮地に挑む兵士達のドラマっちゅーのは、



矛盾があろうがなかろうが、 「男の子心」を大いに刺激して、



これがけっこう胸が熱くなるのんよ。(笑)



退役軍人に老朽艦の活躍も泣かせるぜい。





ユニバーサル映画100周年記念作品なだけに、



ハリウッド映画独特の、軍隊全面協力のド迫力映像、



加えて、単純明快な分かりやすいストーリー展開、



そんなふうに仕上げてあるのねと思えば、



ツッコミどころもすべてOKで許しちゃおうという気になる、そんな作品ね。(笑)



それに、日本人も自衛官として違和感なく頑張ってるし。



チョイ役かと思ってた浅野忠信もかなり重要な役どころでかっこいいぞ。(笑)






この映画では、



主人公アレックス・ホッパーが搭乗している、『USSジョン・ポール・ジョーンズ』をはじめ



リムパックの際の総旗艦となった空母『ロナルド・レーガン』や



飛行物体の調査に向かった、『USSサンプソン』などなど、実在する艦艇が、実名で活躍。



もちろん、日本の海上自衛隊所属の護衛艦『みょうこう』も実存するイージス艦で、



匿名は名乗っておりません。(笑)



「みょうこう」級1隻あたりの価格は約1,223億円もするっちゅーから、



エイリアン、頼むからそんなにガンガン壊すなよ!税金なんだぞ!!(笑)




ちなみにコレ「みょうこう」ね
みょうこう




なお、エンドロール後にも続編を匂わせるようなエピソード映像があるのでお見逃しなく。




ちゅーことで、独断と偏見の評価は



若干の矛盾点と序盤のテンポの悪さを差し引いても、



B+++



娯楽映画として、とっても、おもしろかった。



ぎんちゃんやあっちゃんターチさんみたいな



ミリタリーフェチには特にお勧め。



スッキリしまっせ~。





ばとるしっぷ
スポンサーサイト
それは、仕事で津の法務局に行った帰りだった。



鈴鹿を過ぎ、郊外の田園地帯を北上する国道23号線、



春の日差しも暖かなその日は、交通量も少なく



オイル交換も終えたばかりのエンジンもご機嫌で



踏みこむアクセルも快適だった。






職場まで残すはわずか24キロほど。



前方の車両との車間距離もかなりある。



さて、アクセルをもうひとふかししよ・・
















敵!?














赤色で、通常の3倍のスピードのコイツに気づく。

















いつの間にやら背後にピッタリつけられロックオンされていたようだ。






汗汗汗汗汗汗汗汗汗・・・・・・・・





サイレン、鳴るのか?鳴るのか?鳴るのか?鳴るのか(汗)





アウトか?アウトか?アウトか?????





0.5秒後には、踏み込んでいただろう右足のアクセルを、徐々にゆるめ、



さらにゆるめ、しずかにゆるめ、制限速度までなんとかかんとか落としてゆく。





サイレン鳴動せず。



(〃´o`)=3 ハァ~




獲物を逃したと悟ったVFRは、



回転灯を消し、車体を倒しこむや、



風のように抜き去ってゆく。







間一髪ちゅうか、勘一発




悪運が強いって?




(* ̄ノO ̄*)オーッホッホ!!






ブロ友諸君、くれぐれも交通安全でいきましょう(笑)







ところで、みんなは、とっ捕まった経験や間一髪で逃れた経験はありますかい?





そういえば…大学時代の悪友のK野君は、人一倍苦労して免許取得したのに
スピード違反であっけなく「免取り」になったという涙なくして語れない事件があったなぁ。
キー坊、覚えとる?(笑)
2012.04.13 春はあけぼの
はるは あけぼの


春は曙
春は曙 posted by (C)hiropon168















950グラム
950グラム posted by (C)hiropon168















胴長27
胴長27 posted by (C)hiropon168






きろあっぷならずも、

ようやくサクラ咲く。 
4月7日も4月10日もブログ更新してるのに、

FC2内の「ブロともの最新記事」 に

ちっとも反映されてないらしい。

どないなっとんねん?

ここは、まだまだ未完成サイト? 発展途上?

う~ん

この記事自体も、更新になってないかも(汗)

お~~い

FC2の管理者の方、

改善してくれ~
2012.04.10 う~~~~ん
クルマが汚いやん!黄砂ってやつは、ホンマにも~~腹の立つ!

中国のアホ~~~といいながらも、つい、工藤静香「黄砂に吹かれて」を口ずさむ。

舞い散るのは桜花だけにしてほしい。hiropon168です こんにちは。




そんな黄砂にスギ花粉ヒノキ花粉がコラボしてぐぇ~と降りそそぐ中、





『アーティスト』 を観てきた。











監督は、ミシェル・アザナヴィシウス。



ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ出演のフランス映画だ。



うう、みんな発音がしにくいぞっ。(汗)



カンヌ国際映画祭やゴールデングローブ賞、アカデミー賞の各部門で、



いろいろ受賞しまくりの話題てんこもりのサイレント、モノクロ映画だ。



そんな賞を何個も受賞した作品なので、楽しみにして行ってきた。














・・・・・・・
















映画の評価に決まりは無いとは、わかっちゃいるが、



そんなたいそーな賞を受賞しまくった映画が



必ずしも、自分の心に残る一本になるとは限らへんのやなぁ



と感じた典型的な映画やった。






はっきりいって、この映画、










メンドクサイ!












3D全盛の今、逆にサイレント&モノクロという手法が、



単にものめずらしく、新鮮に感じるだけで、



ストーリーは極めて陳腐で、



なにが評価されてアカデミー賞を獲ったのか、



サッパリわからんかった。



『映画の創世記』を同じように題材にした「ヒューゴの不思議な冒険」を観終えて



めっちゃ感激したんとはえらいちがいだ。



映画評で、このサイレント&モノクロの手法を絶賛しとる人も多いけど



オイラは、なんだか、「この手法で賞をとってやろう」という背景というか、



そんな「あざとさ」 のようなものを感じてしかたがない。 



現に、この作品、最初はカラー作品だったのをあえて白黒にしたそうな。







ストーリーも、単純極まりない。3行くらいで言いつくせる。



1927年から5年間のハリウッドが舞台。



サイレント映画の時代の終焉で没落していった有名男優を、



彼との出会いがきっかけでトーキー映画の有名女優となった女が、



立ち直らせ再デビューさせるっちゅーお話。






それ以上でも、それ以下でもない。






泣ける作品だというが・・・・・



こんなんで泣けるのか泣けるのか泣けるのか泣けるのか???



物語自体が、最初から展開がまるわかりやし、



こんなん、なーんもおもんない。



別に、昔風にサイレント&モノクロにする必要ないやん。



最後のハッピーエンドシーンで、サイレントをいきなり



普通の音声付映像に変えてあるあたりが、極めて、「作為的」。



この1カットの効果で、観客をおぉ~っ て言わせたいがためのサイレントだったん?






人それぞれ感性もちがうし、この作品を絶賛する人もいるんやろけど、



ストーリーも、プロットも、役者のルックスもなんだかなぁ。



オイラにはちょっとな~。



悪い作品とは、決して思わへんけど、



他にもっといい映画がたくさんある。









ちゅーことで






評価は、




「アカデミー賞」受賞作品だからといっても迎合せず、



あえて、反旗を翻し、(笑)







  ふつー






映画のラストのタップシーンに感動したという人もいるけど、



そんな素直なアナタは、1974年に製作された、



ミュージカル作品のアンソロジー映画



『ザッツ・エンターテインメント!』(That's Entertainment!)



を観るといいでしょう。もっと感動いたしまする。



唯一、ジャック・ラッセルテリア  のアギーがよい。 



めっちゃんこかわいい。そこは大評価の 





さ~て、次回の独断と偏見の映画評は



『劇場版SPEC~天~』を予定。お楽しみに。



戸田ちゃ~ん (* ̄∇ ̄*)エヘヘ



2012.04.07
はるのうみ~







 E-PL2 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm







ひねもすぅ~







 E-PL2 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm







のたり~







 E-PL2 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm







のたりかなぁ~







 E-PL2 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm














 E-PL2 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm








三重県南部にも、ようやく遅めの春が。









2012.04.03 観る鉄?
忘れようと思っても思い出せない不都合な真実がキライ。


hiropon168です、こんにちは。


そんな釣果はさておき、あっ、釣果って言っちゃった。(汗)





さて、過去のネタ話はさておき、さくさく筆をすすめよう。



ブロ友ぎんちゃんの、ステキな鉄道写真に触発されたわけやないんやけど、



今回、足を運んだ作品は、



昨年12月に急逝した森田芳光監督のコレ 








このタイトル、最初に聞いた時には、



1980年代からロングヒットしているあの有名なゲーム



「A列車で行こう」の実写映画化作品か???と思っちゃったりした。



知ってる?  PC版とかプレステ版とかスーファミ版とかいろいろあったんよ。



シムシティのような都市構築型シュミレーションゲームやね。



ところが、映画は、まったく違っとった。そらそうか(笑)





大企業で働くマイペースな青年「小町圭」と、



下町の鉄工所の跡取り息子「小玉健太」という対照的なふたりが、



趣味の鉄道を通し、友情を育み、恋に仕事に悪戦苦闘する姿をユーモラスに描いてある。



鉄っちゃんも、乗り鉄とか、撮り鉄とか、ジャンルは細分化されるようだが、



この映画では、



小町圭(松山ケンイチ)は、鉄道風景を見ながら音楽を聴くことが趣味



小玉健太(瑛太)は、鉄道の列車のメカそのものを好むという設定だ。



ご丁寧に、登場人物すべてに全国各地の特急の名称が冠せられている。



映画トップには、有名な「わたらせ渓谷鉄道」が登場する。  これは知ってるぞ



それに続いて、鉄っちゃんでないオイラには、識別不能だが、



総計20路線80モデルもの列車が登場しているという。



『「鉄道オタク」の方々にとっては、これだけで一見の価値あり 』



という謳い文句にもなっている。







しかし・・・・







鉄道オタクのみんなは、この映画、



ホントに、面白い、すばらしい、と思うのか?思うのか?思うのか??



きわめて、表面をなぞっただけで不完全燃焼じゃないのかしらん?








ん?







そういえば・・・





趣味を絡めたこのサクセスストーリー展開・・・・・







なんだかどっかで聞いたような観たことがあるような。。。。





おお!そうだ!





この展開、





「釣りバカ日誌」とまるかぶりやん!





趣味を「釣り」やなくて「鉄道」に置き換えただけやん!



するて~と、この映画を観る鉄っちゃんは



釣り親父「ターチ」氏が、釣りバカ日誌の釣りシーンで



ケッ!と感じるのとおなじにちがいない。(笑)



え?ちがう?あそっ(笑)



でも、もっと深遠な鉄ちゃんの世界を描いた方がおもしろいだろうに。






なんやもったいないなー。



それに、いくら、「ハートフルコメディだ」とかなんだとかいっとるけど、



随所にちりばめられとる「ありえね~的ご都合主義」の展開が多すぎて、



先々のストーリーが、まるっとおみとおしで、う~ん・・・・






とりあげとる題材はとってもいいし、



松山ケンイチと瑛太の演技もめっちゃうまいだけに、



なんだかみょーにもったいない。



森田芳光監督の遺作なのになあ。。。。





う~~~ん






ちゅーことで、



今回の独断と偏見の映画評は、




C++




といったところでしょうか。だんだん日焼け止めみたいな評価になってきたな(笑)



物語の雰囲気は全体的にほのぼのとしていて、



御都合主義的な展開はあるものの安心して楽しめる構成。



ほのぼの系のストーリーを楽しみたい人は行ってみたらどうでしょう。



鉄っちゃんは、これじゃ中途半端で欲求不満の賛否両論かもね。





んでもって今日の結論

カップルが同じ趣味同じ嗜好ならいうことないけど、そうでないなら、
「相手の趣味を理解し、それを許容する」という要素が
恋愛や夫婦生活などでは、結構重要なんやなぁと思いました。ちゃんちゃん。(笑)





2012.04.02 記憶がっ!!
先週の木曜日は何をしていたのか?

朝、早く起きた様な!!

道の駅「まんぼう」で甘夏を買った領収書がのこっている!!

どこかに走って行ったのか!!

義弟のあっちゃんが、 こんなブログ を書いている!!











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。