上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.28 あきまへん

あんなにクソ暑かったけど、ちゃんと秋はくるのだなぁ。

彼岸花が目立つ季節となりました。

彼岸花はキライ、コスモスのが好き。hiropon168です こんにちは。





さて、仕事帰り、またしも劇場へ直行。



秋はおさえておきたい映画がめじろ押しだ。猿の惑星もみるぞっ。



めじろおし・・と聞くと、



なぜか、捕まえたメジロを指でツンツンする姿が脳裏に浮かぶが



まぁそれはおいといて、



前回みなかった「LA決戦」と「モテキ」が観れる時間に到着。



どうするか考えたが、



長澤まさみが、悩ましげな眼でこちらをみているので、



「モテキ」を観ることに。

 



moteki00824.jpg





原作は、久保ミツロウのコミック。



TVドラマではたいした視聴率も取れてなかったと思ったが、なぜか映画化。



劇場ポスターのおまぬけな脳天気さから

 

サブカルチャーの世界の 『電車男』 的な作りを期待して観る。




















・・・・・












 

・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 








やっちまったあ~~。















ツマラン。






 









シリアス風味のコメディかと思えばさにあらず、コメディ的要素はほんのわずか。



ミュージカルがあるかと思えば、それもほんのちょっと、という中途半端さ。



だからって、リアル感があるかといえば、主人公藤本君のキャラ設定も曖昧。



結局、ストーリーは、陳腐な独男の重い恋愛話に終始していく。



だらだら上映時間は長いし、話もちっとも明るく転じない。



男性用大人の玩具「テンガ」が、やたら全面にでてきてたからか、←わかんない人は勝手に検索してちょ



ずばり、一言で表現すれば




『H場面のほとんどない低レベルなアダルト・ビデオみたいな作品』






「I LOVE TENGA」のTシャツを長澤まさみに着せるのもどうかと思う。



この大人のおもちゃメーカーとのタイアップも随所に垣間見えてイヤだった。



麻生久美子演じる「るみ子」が、主人公にすがりつく姿も、過剰演出すぎて、



ホラーの「貞子」っぽくてなんだかゾッとするし、



ラストシーンも、ちっともさわやかじゃなく、まったくリアリティに欠ける。



観終えると、なぜか時間が経つにつれ、じわじわと不快感がくる。

 



こんなん



深夜枠のTVで流すだけでじゅうぶんや。



きっぱり!

 

 


長澤まさみファンはどう観るんやろ?イヤやろなぁこの映画みたら。



評価は



ポスターに だまされた感が強く

 



 C だな。

 

 



ちょーさん

 

あ、唯一エンドロールが、めっちゃ凝っていて、洒落ていたから

 

おまけして、C+にしておこう(笑)

 


ところで、みんなは、人生で「モテキ」はありましたか?

 

 

スポンサーサイト
2011.09.24 アソコの穴に

ワーナーマイカルシネマのポイントカードにスタンプが5個たまる。



5個たまると1回タダで観れるので、なにか映画を観に行くことにした。



たぶんクダラナイがオモロイだろうと思う「ロサンゼルス決戦」と



たぶん息苦しいだろうがオモロイだろうと思う「サンクタム」、



どっちにするか迷ったが、ん?迷う? 迷うとくれば、



洞窟で迷う内容である「サンクタム」のがよかろうとチョイス。




サンク~1.JPG





ちなみに、「サンクタム」とは聖域という意味らしい。






この映画、今年4月22日公開予定だったが、



崩れるとか溺れるとか閉じ込められるとかのシーンが多かったため、



東日本大震災の影響で公開延期になった作品だ。






あらすじを書くと、ネタばれになっちゃうというが、



この映画の場合、特に書けない。いや、ま~ったく書けない。



でも、やっぱし、3行くらい書いとくかな。





人の手が届かないニューギニアの秘境にある世界最大の洞窟に潜り、

全体像を解き明かそうとする調査チームがアクシデントに見舞われ、

なんとか脱出しようとするサバイバル冒険映画。




以上。(笑)






3D吹き替え版しかやってなかったので、やむなくそれをみたけど、



こういう映画こそ、確かに めっちゃんこ3D向きだと思った。



水中の洞窟の様子や圧倒的な空間描写、



激流に押しつぶされる感覚や洞くつの天井に圧迫される感覚など



3D効果は臨場感たっぷりでハンパなかった。



それゆえ



新鋭監督だし、キャストも地味だし、オネーチャンもさほど華はないし



地底恐竜が出てくるわけでもなく、半魚人が出てくるわけでもなく、



ひたすら出口を求めるだけのお話なんやけど・・・・



なんてったって、



うる星やつら 面堂 終太郎くんと同じ



閉所恐怖症・高所恐怖症のオイラである。



めんどーくん



まるで自分が閉じ込められたかのようにコワかった



この3D、いっぺん観に行ってちょ。



ということで



評価は B+



とっても怖くて、とっても息苦しかったので



みんなも、ぜひこの感覚、共有してねっ。

 

 

 

え? タイトルに品がなく、まぎらわしい?

そりゃースマンかった。

も~~~いきなり秋になるなよぉ~


前回のブログの序談がアホみたいやないかい!


それにしても、


迷走迷惑てんこもり台風が去ったら、いきなり気温急降下。


朝が15度って・・・・( ̄_ ̄|||)


まぁ、これでエアコンのお世話にならずにすむからいいとしても、


落差激しすぎて、体調崩す人も続出だわなぁ。





だからというわけでもないんやけど、





またも訃報が・・・・・




っていっても





こいつなんやけど



完成♪





先日、なおったと思って喜んだPC



ハードディスクからなにやら異音が・・・



ハイ、いきなり、キッパリとご臨終。



 



じーぱん
なんじゃこりゃ~~



 

 

 



さいわい、前回のトラブル時に、データをすべてバックアップしてたので



冷静に対応できて、なんじゃこりゃ~!!って大騒ぎするほどでもなかったんやけど、



なんせ、安いもんじゃない。。。。。。。



しばし、頭をかかえ

 

 

うむむむむむむむむむむむむむむむむむむと唸るオイラ。

 

 

 



メーカー補償期間も、とっくに終わっとるし・・・・・



買い替えやんとあかんよなぁ。。。とほほほ



もう、5年近いもんなぁ。。。。

 



ん?

 

 

 

ちょっと待てい!

 


5年近い・・・ちゅーことは5年以内か?



そういえば、エプソンダイレクトのPCだが、



たしかこいつは、エイデンで引っ張ってもらって、買ったはず。



だとすれば・・・・

 





台風接近中で、強風と大雨のなか、駐車場がすでに冠水してるエイデンへ。



かくかくしかじかですけど、確か、エイデン5年補償付けてたと思うんですが・・・



カード履歴でどうなってるか調べてもらえません?と私。←記憶曖昧



『はい、まだ5年以内ですから無償で修理可能ですよ』 ←あっさり。



おお!



その時ばかりは、年配の女性店員が麗しい天使に見えた私だった。



うれしさのあまり、その勢いで、自宅へとってかえし、チャカチャカと配線をとりはずし、



降りしきる雨の中だっちゅーのに、PC本体をビニール袋に包みまくり、

 

再び、駐車場が冠水してえらいこっちゃになってるエイデンに持ち込む。



入院期間は、2週間~3週間くらいかかるであろうとのこと。



それくらいなら、多少不便でもじゅうぶんだ。職場のPCも職権乱用で使えるし




いやー、禍福はあざなえる繩の如くですなぁ。



なんか、めっちゃ、もーけた気分 

 


これでいいのだ

これでいーのだ
 

もう9月下旬になるっちゅーのに、ちっとも涼しくならない、

今日も全国的に30度を超えると言う。

はたして秋は訪れるのか??

絶滅危惧種「 秋」の運命やいかに!

hiropon168です。こんにちは。





台風15号もまたまた遅いね~



もう自然災害も弔事もいりませんわー。



楽しいことでもやらんと やっとられんなぁと、



お休みの日、久々にエギング釣行に。

 

くコ:彡~  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\o(^▽^@) 


 


で、出発しようとしたら、



車に常置してあるコイツがいきなり沈黙 



P9181932



うう、オマエも永遠の眠りについたか!



弔事は、もういらんというのに!



そう、これは、知る人ぞ知る、レーダー波感知器である。



も、もちろん、制限速度遵守、安全運転の私にとっては、



ま、まったく不必要なモノである。(汗)



かれこれ10年近く使っていたが、



なんど元手を回収したことか。



だって安全運転だから。



しかし、あるものがないと なんだかスゴク不安なもので、



いい機会なので、すぐさま購入することにした。

 

ふ、不必要だが・・・・



新しく買ったのはコレ。



P9181937


ドンキで特売9,980円。 (これ以上は払えん。)



ネットで買っても、送料込みだと同じようなもんだから買い得だろう。



さっそくつけてみる。


P9181941



おお!ちっちゃいし、かっこいーではないか!



最新のオービスの場所もちゃんと教えてくれるやん。



警察署の場所や重点駐禁取締エリアや事故多発エリアもご丁寧に教えてくれる。



それに最新データは無償バージョンアップしてくれるのね。



ま、まあ、安全運転のオイラには、こ、こんなもの、ふ、不要のものだが、



お、お守り程度だな。お守り。



でも、これで1回、回避すれば、じゅーぶんもとは取れるぞっ



って何を回避するんだ?(爆)



時間や走行速度さえも刻一刻と表示するし、



ここ10年の技術進歩には目を見張るものがあるなぁ。



マニュアルを見て 三重県製だったと知り、さらに感動。



さて、これで、安全運転だ。キッパリ!





え?エギングは、どうやったかって?



こんな550gほどのんを筆頭に、実釣4時間で5杯。


無題



上品な釣果でしょ?ユジダル隊長。(笑)

 

 

祇園精舎の鐘の聲、諸行無常の響あり。

沙羅雙樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。

驕れる人も久しからず、唯春の夜の夢の如し。

猛き者もつひには滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ。

ちょっぴり無常観にひたってますhiropon168ですこんにちは。





弔事続きでうんざりした気分をリフレッシュしようと、



告別式を終えた午後、映画に行ってきた。



見たのは、封切り間もない「グリーンランタン」



製作費に約2億ドルが投じられたSF大作だ。




lantern.jpg



1940年にコミック初登場といわれるグリーン・ランタンは、



スーパーマン、バットマンに続くアメコミヒーロー。



X-Men、スパイダーマンよりもはるかに古株なんやけど、



日本ではちっとも知られてへん。



そりゃーそうだ、名前がそもそも いまいちやもん



闇を明るく照らすという象徴で、「ランタン」が使われてるみたいなんやけど、



そもそも文化の違いというのか、



ランタンに対する思い入れが欧米人より薄いから、いまいちピンとこん。



もっと言えば、ランタンだろうがカンテラだろうがランプだろうが



日本伝来時の和訳ならば、西洋『提灯』になるわけやから、







グリーンランタン = みどりちょうちん





なんじゃそのネーミングは?ってなりやすい。


ちなみに、そのヒーローは、パワーリングと呼ばれる特別な指輪を所有し



その指輪とそこから発せられるエネルギーで、イマジネーションを具現化し、



絶大なパワーをもたらしてくれるつーんやねんけど、



それじゃあ、『パワーリングマン』じゃね?



それに、登場してくるランタン型の物って、役目でいうならば



そのミラクル指輪にエネルギーを充填するバッテリーチャージャーやん。



つまり携帯でいうところの充電器がタイトル名??



ってのっけからツッコミをいれてみる。



まあ、ええかぁ。(笑)






かいつまんだストーリーを少々



一流パイロットだが、少年時代の父の死を乗り越えられず、

肝心なところで力を発揮できない主人公、ハル。

ある夜、彼は、地球に飛来した宇宙人アビン・サーに

「グリーン・ランタン」の後継者として、力の元であるパワーリングを託される。

アビン・サーはかつて自分が封じ込めたはずのパララックスの攻撃を受け、

致命傷を負っていた。

突然の事に驚くハルだが、やがてパララックスの魔の手が地球に迫り、

人類を守るために立ち上がる。うんぬん・・・・・



めっちゃ単純で わかりやすいんだぞっ





ストーリー冒頭、



なんと、主人公は、命令無視して、新品のF35をスクラップにしてしまう。



日本円で、約50億円の機体でっせ!!ごじゅうおく!



でも たいしておとがめなし!なんて太っ腹やねん!



まぁえっかぁ。と映画を観続ける(笑)



この緑のコスチュームを身にまとったグリーンランタンは、ひとりにあらず、



警備隊のように宇宙全体におびただしい数が存在しとって、エリアを分担



日夜その特殊能力を駆使して悪を懲らしめ、



宇宙の治安を守っとるんやそうな。



すごいぞ、チームみどりちょーちん!



でも、このコスチュームがなんともいえない。



特にこのマスクがいただけない、エッジが丸いので



まるでそれじゃ、



緑のタヌキさんやないか!



まぁえっかぁ。と映画を観続ける。。。(笑)



なわけで、全宇宙に散らばる、みどりちょーちんの部隊、彼らは



時おり、非常招集がかかると中心となる基地の惑星まで、わざわざ馳せ参じ、



「ランタン!ランタン!ランタ~ン!」と団結心を表明しながら、



宇宙に向けて、謎の緑光線を皆で照射させたりもする。





新興宗教かよっ!!




と思いつつ、まぁえっかぁ。と映画を観続ける(笑)


ヒーローに変身する側も、バットマン・スパイダーマン・スーパーマンのような



使命感へのためらいの暗さもなく、



いとも簡単に自分の存在価値を肯定して受け入れる。



ヒーローにはきれいなヒロインがつきものだなと割り切っちゃってもいる。



敵キャラは敵キャラで、いまいちパッとせん。



宇宙人ウイルス?に犯された研究員が暴走してヒロインを襲ったりするが、



キャラの背景が乏しい上、極悪性も見られず、いまいち攻撃に積極性がないし



ラスボスは、ラスボスで、



宇宙から姿カタチの定まらない「悪の概念」みたいなんが、うにょうにょうにょ~~と



舞い降りてきちゃったりして、生命エキスを吸いまくる。



そんな魑魅魍魎みたいなんと どないして戦うねん!



と思ったら、『イマジネーション』を駆使して戦うだとおおお?



なんじゃーそりゃ~。



めっちゃ想像力が豊富だったら、勝てるっちゅーのね。



そんな ご都合主義でええのんか?



そんなんなら、



ワンピースのルフィの必殺技

 

「ゴムゴムのぉ~JETバズーカぁ~」のほうが、



よっぽど、ちゃんと考えてあるやんかぁ!




まぁ、特撮には金がかかってるし、観てて楽しいから



まぁえっかぁ。と観終える(笑)



エンドロールには、続編作る気まんまんの1ショット。


 


しかし・・・・



こんなんを莫大な製作費を使って作るなら



アメリカのSF作家E・E・スミスが1937年に書いたあの名作



「レンズマン」を、誰か壮大なスケールで実写化してくれい!

 



ちゅーわけで、



今回の評価は



B-、弔事のあと、おヒマならっ てところかな。




義父の訃報を受けてからバタバタとすごし、

それも落ち着き、昨日出勤、勤務開始するや、

特養入居者の訃報が入り、お通夜参列。

同日、

なんと、癌の闘病中であった法人の理事長が急死との報。

60歳という若くしての死去。

今日は、告別式の後、またまたそのお通夜・・・

明日は、また告別式。

理事長ゆえ、社葬なみの忙しさとなりそう。

負の連鎖、続きます。

( ̄_ ̄|||) どよ~ん

 

 

 

2011.09.09 緇?鍵

帰ってきました。

今日から、社会復帰してます。

机上の積み上がった決裁書類を片づけることから始動。

 

なにがなんやらわからない。。。。

休みすぎて、ウラシマタロウ状態です。(笑)

 

しかし、身内の葬儀はたいへんやな・・・と 判コ押しながらしみじみ。

 

ブロ友のみなさまには、いろいろとお心遣いいただき

ありがとうございました。 

まぁ、ひとまずは、落ち着きましたということで、

取り急ぎ、ご報告など。

 

次回からは、通常版ブログでおおくりいたします

今朝7時過ぎに訃報がとどく。

しかし、伊丹市に向かうにも

台風の影響で、高速道路があちこちで通行止めとなっており、寸断。

西からや東からくる血縁者の移動もかなわないため

式のスケジュールがまだ決まらない様子。

 

もちろん新名神も通行止めだし、こちらもすぐに動けない・・・・・

う~~~~~~~ん。

まだ落ち着かない。。。。。

今、外は、どしゃぶりに、雷鳴なり。

以前として、待機中なう。

 

 

 

 

いや~今回の台風も、東北の被災地に向かわないように

超能力で進路をそらすのに疲れました。

元雨の総裁hiropon168です こんにちは。

とはいえ、これから台風の暴風雨圏にはいるブロ友のみなさん、

くれぐれも、ご注意ご用心くださいね。

 

あんなに暑い暑いとぼやいてたのに、さすがに九月、

蒸し暑いわりには、朝夕冷え込んだりと、そこはかとなく秋を感じますなぁ。

そんな気候の変化におっさんの身体はついていけないのか

体調もなんだかすっきりしない今日この頃。

それに、加えて、肺癌で入院中だったヨメのお義父さんが、

先週末より危篤状態に陥り、

「もう今日明日です」 と医師に告げられてから

その状況が、1週間近く続いているため、

なおさら気持ちも落ち着かない。

 

なんせ兵庫県と、離れているため、イザとなってもすぐには動けず、

まして、親類も広島のため、お義母さんも さぞや不安なことだろう。

ヨメも実家に向かい、一昨日から病院へつめている。

周りの家族も、だんだんと疲れてくる中、

 

心の中に、早い終末を求めてしまう気持ちがあるというのは

ヒューマニズム的には、いかがなもんだろう?と自問自答。

長引くほどに、湧き出すこんなドライな感情に とまどう私。

福祉従事者の身なのにねぇ。。。

 

なんだかちっともスッキリせず、落ち着かない日々。

 

携帯が鳴るたびに、身構えるオイラなのだった。

 

 

 

 

 



P7201438

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。