上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のブログで書いた釣り行きでも使ってる いつものルートで、
事故のニュースが・・・・←クリック

高速無料化の区間での事故。
完全に上下車線が分離されてなくて、分離帯がゴムポールだけだから、
コワイなぁと常々思ってたけど。。。。

どんなに気をつけても気をつけても、避けられないこともあるけど、
どうかブロ友のみなさんも、安全第一で。
スポンサーサイト

なぜ女性モノが「ヒートテックジーンズ」で、男モノが「防風ジーンズ」?

疑問に感じつつ、ユニクロ防風ジーンズがお気に入り、hiropon168ですこんにちは



我が愛馬 ロシナンテ、じゃなくて、



我が愛車、平成16年式スバルレガシイも、走行距離が14万キロを超えた。

 



PB251658


年間平均 2万3千キロの走行ね。



んでもって、好むと好まざるにかかわらず、3度目のタイヤ交換の時期がやってきた。



整備士で工場長でもある大親友のkurumayaさんのところで今回交換したタイヤは、

 



1本 31,080円 もするという、あの

 

 

 

レグノGR9000だ!

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 



すいませんウソ書きました。

 

 

 

 



ブリジストンECOPIA EX10だ!

 



環境にやさしいからチョイス。お財布にやさしいからではない。ややきっぱり。



タイヤの性能は過去ブログ(2006/12/6) ←クリック  でも紹介したが



簡単に言えば、タイヤちゅーのは、



乗り心地と、静かさと、制動性能と、磨耗度の組み合わせだ。



最近はこれにエコの面から低燃費のキーワードが販売戦略上プラスされる。



そして、上記のような燃費向上が謳い文句のタイヤが最近多く発売されている。



一見すると、とってもよい魔法のタイヤのようやけど、



よーく考えればわかるように、転がり抵抗の減少による燃費効率UPだから



すなわち路面に対する喰いつきが悪いちゅーことで、



極論すれば、タイヤの制動性能を犠牲になりたっていることになる。



簡単に言えば、よく転がるもんはよく止まらん



まぁ、安全運転なわたしであるからして、燃費向上を優先しよう。


 

 

で、コレね。

 




PB251659

 




ん?ブログタイトルが「新車購入」とあるけど、新車ちゃうやん!って?

 

 

 

・・・・・

 

 



「新ぐるま」 と書いてあるのだが? それが何か?

 

 

 

 



しかし、いつも思うことやけど、こんだけ高額な商品やのに、



カーナビやテレビやDVDプレーヤーなんかの購入とちがって



これほど取得したヨロコビの少ない商品もめずらしいと思うのは私だけか?



だって、なんも五感に訴えないんだもん 


でもまあ安全を買うんやから、よしとする。よしとしよう。そうしよう。








さっそく、新車(新グルマと読むように)の試運転をかねて、



昨日は、早起きして三重県を南下。



新車を取り付けた旧車は、快適な気がする快適になったと決め付ける

 



んでもって、6時過ぎから13時過ぎまで、約7時間の堤防釣り。



釣果は、というとですねぇ。

 

 

 

 

 



500グラム・600グラムの、よい型のオスメス2杯に加えて、



秋にしては上出来の キロアップと思われるオスをゲット!

 

 



持ち帰って正確に計測すると、やはり1.1キロあった。



うむ~



さすがに新車効果か!



新しいものを使うヨロコビに感動した休日であった。あれっ?(笑)


 

 

 

 

 



のどか

 

 

 

 



 





おどうぐ

 

 

 

 

 

 





活躍エギ

 

 

 

 

 

 




上目づかい


 

 

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

政権が変わっても、なんらよいことはない。

尖閣諸島事件だけじゃなくて

毎日のニュースは、ゲンナリすることばかり・・・



柳田法相の考えられない不見識発言。

擁護発言する仙谷由人官房長官は

自衛隊を「暴力装置」と表現する。。。



口蹄疫問題。

解決に延2万人の自衛隊が消毒作業にあたった。

酷暑の中、防塵服を着てだ。

その自衛隊に向かってよく言ったものだ。



この国はいったいどこへ向かうのか?



ネット上に、政権からホされた 社民党「福島みずほ」 の呪いとして


皮肉るこんなパロディがあったのでご紹介。

 

まさに

 


政党名を変えて、出直して来い!

 

とオイラもいいたい!

 

 

 

 

 

 


1167439.jpg

 

紅葉の赤色が今年はミョーにくすんでいて残念だと嘆く今日この頃、

hiropon168ですこんにちは。お~い秋はどこいったぁ?




さて、お話は先週にさかのぼる。



研修帰り またまた映画館へ。



今回観たのは『悪人』・・・・だったらいいなあ。



とっくに終わっとるがな~。



ちゅーわけで、観たのがSP


SP・・・・
販売促進 (sales promotion)でもスピーカー (speaker) でも
SPレコード (standard playing) でもシスターピクチャー(sister picture)でも
ショートピクチャー(short picture)でもサービスパック (service pack)でも
システムプランニング (system planning)でもショートプログラム (short program)でも
セーブポイント (save point)でも長打率・強打率 (slugging percentage) でも
PENTAX SPでも Nikon SPの略称でもないぞ。



SP  THE MOTION PICTURE 「野望編」



え?知ってる? いらんめんどくさい小ボケはやめよ? そりゃ失礼



ドラマ終了 ⇒ 映画化決定発表から 早3年。



3年もたてば、熱も冷めてる人や、



どんな話やっけ?と記憶が欠落している人も多いだろう。



野望篇と書いてあるとおり、映画版は、よくある2部構成。



後半の「革命編」が来春公開予定だという。3年前からどんだけひっぱるねん!



この「野望編」またの名を「アクション編」ともいうらしく、



『ジークンドー』ってなんやねん?と聞いたこともない体術で、



3年間肉体改造をしていたという岡田准一くんの



スタントマンなし、というアクションシーンはたしかに見ごたえがある。





 

ネタバレ満載で解説しとくかな




イベント会場での警護シーンから映画ははじまる。

例の「危機察知能力」でいち早くテロを察知し、駆けだす井上薫(岡田准一)。

犯人を追っかけ、とにかく走る走る!

走って走って車の屋根も走り壁も走り、格闘へ。



こんなかんじで、映画冒頭のアクションで掴みどころはOK。

ただ、ちょっと長かったけどねー。ムリヤリひっぱった感はいなめない。

テレビドラマなら時間の都合上、あっさり捕まえるか逃げられるの図だろうに。




後半、真夜中の内閣官房長官警護シーン。

国家の緊急時、マスコミを気にして、一刻でも早く官邸に向かいたい官房長官。
 
路上で第一波、第二波、第三波と次々に襲ってくるテロリストたち。

そして次々に襲ってくるツッコミどころ(笑)




車が破損し徒歩で移動するが、パトカーを呼ぶという考えはないのんか?

じっとしてて危険なら移動しながらパトカー待てばええんとちゃうのん?

しかも、車ぶつけたり、爆弾投げたり、ボーガンで狙ったり、

あんだけ夜中に大騒ぎしてたら、なんぼ深夜でも、



なんだなんだなんだなんだ??



と住民が家から飛び出して、寄ってくるんじゃないのか?


いつも爆睡してるのか?官邸近くに住む東京都民。




岡田くんは、ダイナマイト爆弾を警棒で打ち返したり、キャッチして投げ返したり、

ボウガンの矢も当たらない・・

「危機察知能力」も超能力かいな!というレベルまで高まっている。

ビルの上からスナイパーが撃ったとしても、彼ならきっとよけたね(笑)



きっと彼の遺伝子は、宇宙世紀のアムロやシャアに受け継がれていったのだろう(笑)




テロリスト軍団も、SPの人数が少ないとわかってんだから、

第一波、第二波とか悠長にちまちまと襲いかからず、

最初から団体さんで攻めりゃいいのに(笑)

ただアクションは、みどころ満載でしたけどね。




「SPという設定だけに、他の警察モノと違い、終止、井上達は後手で守勢に回らざるを得ないながらも、犯人側の視点とカットバックで表現される、その中でのアクションや、知能戦がこのドラマの魅力だ」 

とか講評に書いてる人もいる。





うーん確かにアクションシーンはそれなりで、飽きない90分だけど、



見終わってみれば、アクション以外は、ほとんどなんも脳裏に残ってなかったりする。



TVドラマ視聴率もよかったし、映画で続編作って儲けちゃえって臭いが・・・



それをまた2部作の映画にしてセット売りにするとは、さすがフジテレビ、



あまりにあざとい商売を感じるなあ。



これじゃこの映画自体が来春の「革命編」の「予告編」じゃないのさ。





TVドラマをじっくり観ていないので登場人物の人間関係が良く判らず、



楽しみが半減している感はいなめないけど、



まあ単純に岡田准一くんのかっこよさと、あきさせない作りでは確かにあったので、



映画構成の内容うんぬんはおいといて、



「アクションスター岡田くんのよい仕事っぷり」に、評価は B ですかね。



いや待てよ、彼が走ってばっかりいたシーンの時間を上映時間から差っ引くと



短編映画になりそうだから B- にしとこうかな。



ん?ひょっとしてSPって、ショートピクチャー(short picture)の略?


 



SP


余談、与党幹事長役、香川照之の悪人政治家演技はみごとでした。

こりゃきっと、小沢一郎がモデルだな(笑)



 

2010.11.12 写真

研修ばっかしの11月。

ここんとこ、ちっとも職場に行かずに、県庁所在地までお勉強に。

すっかりおりこうになってますhiropon168ですこんにちは。





午後からの講義が早く終わったこともあり



大親友のkurumayaさんが写した写真を思い出し、



よっしゃオイラもと、青山高原へ。



彼が軽自動車でウンコラしょと登っただろう峠の急坂を



日没と競争しながら駆け上がる。

 

 




その高原道路で出会った風景がこれ。












 

 

 









OLYMPUS E-520、ZUIKO DIGITAL14-54mm F2.8-3.5 II
1/50 F3 ISO1600 WBオート












OLYMPUS E-520、ZUIKO DIGITAL14-54mm F2.8-3.5 II
1/50 F2.8 ISO1600 WBオート

 

 

 



発電量国内最大規模の風車なのだよ ←クリック  


風力発電機 750kW×20基   発電規模最大出力・・・15,000kW

JFEエンジニアリング製 多極同期発電機 (?なんのこっちゃよくわからん)

ローター直径・・・50.5m  タワー高さ・・・50m とある。





イメージでは、お台場で見たガンダムサイズくらいだったかと思ったが、



なんのなんのデータで見ると全高75メートルもあるやん。






陽が翳り、どんどんと光量が減少するなか、



露出確保にシャッタースピードを落とすと



ローターは、ぶれて消え去り、タワーしか写らないから困りもの。



陽が沈むのが思う以上に速く、大慌てのシャッターチャンス。



久しぶりにマジメにカメラと向き合った。



ノーレタッチ、手持ちでこれぐらいなら許してくれる?

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。