上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑いから寒いの落差が激しすぎますね。

寒なったちゅーのに台風来るし。。。。。

来るならきっぱりと暑いときに来んかい!

と認知症のような台風にツッコミをいれてますhiropon168ですこんにちは。





でもまぁ、台風も、ずいぶん南よりの進路を進むようで、ひと安心。



というのも、ちっぽけなわが施設ゆえ、暴風雨圏にはいろうものなら、



デイなどの営業も休止せざるをえなくなり



わずか1日でも、収益に大きな影響を与えるからだ。



 

台風の影響でぐずついてる天気の中やのに



昨日は予報でも、その日だけ、まるで私のためのように



ポッカリと晴れ だったため、



またまたまた早起きして堤防に立つ 



 

それにしても、今年になってからというのも、



すっかり アメオトコ症候群 は完治。



逆にすっかりハレオトコに変身



みごとに休日の雨を避けている。どうだまいったか!





改造人間



そう、やればできる子だったんです。



んでもって、



短い時間ながら、釣果は、こんな感じ。




えぎんぐー



大小

 


いっぱい

にはい

さんばい





たまには、アタリをひくこともあります(笑)

うひょひょひょひょ~~




よくできた

スポンサーサイト

職場では、もう忘年会の日程と場所が決定したそうで、

なんと月日のたつのは早いことか!!

気づけば年末に向かって爆走中?hiropon168ですこんにちは。


 


そういえば、のりさんがパワースポット伊勢神宮で、



ありがた~い『爆釣パワー』を授かって(たぶん)帰っちゃってから、



あっというまに1週間以上が過ぎてしまった。



この1週間は、なかなか充実の週だった。



ネタもそれなりにあったけどその割には、更新をサボってたりする

 

 




火曜日には、大学時代の悪友、U君が神戸より、初めて三重県へ登場。



またしても、のりさんといった同じ店へ出撃。

 

夜道は、まるでデジャヴーのよう。

 

 



二人だけで飲むのは、おそらく30年ぶり だ。



あんなコトやこんなコトや、そんなコトやどんなコトや、



そんなコトやあんなコトや、どんなコトやこんなコトや、



初めて聞く話しや、内緒の話しや、聞いたけど忘れちゃった話しや、



etc,etc,etc, ・・・・・キー坊くしゃみでたやろ?(笑)



杯はどんどんと重なり、ボトルは空き、



気づけば、閉店の時間なのだった。



利害関係も上下関係もなーんもない飲み会は、時を忘れるなぁ

 



某有名予備校の有名人気講師のU君は、名古屋での出張講義のあと、



水曜日は大阪難波での講義があるとのことで、



あわただしく翌朝には三重県をあとに。



家庭的に色々複雑なことがあるみたいだが、頑張ってくれい。とエールを送る。

 

 



しかし、学生時代の「ツレ」っていいもんだ。



それに続く仕事話はカットして、ついでに釣りのお話も。

 

 



金曜日は、暑くもなく、寒くもなく、薄曇りで日焼けもせず、



とってもよい気候で、かつ堤防には、釣師もほとんどいない。

 

こんなかんじね






PA221611

 

 

 


PA221610

 

 

まったりと、この日も謙虚に5杯釣り上げて帰ったのであった。

 

おいしそうでしょ?


PA221615

 

 

釣り上げたアオリイカを、刺身と煮付けにして、ウメーと食っていると



U君よりメール。

 

内容は、

 



『先日は楽しかった、来月も9日か16日の夜またどや?あけといてくれ!』

 

 



よっしゃあ!あの店で、また飲もや!と返信

 



参加希望のブロ友は、連絡くれい(笑)

 

 

セルがきもあるよん

 

 

53726531_v1287834152.jpg

すっかりと秋めいてきました。コスモス花粉症あらため、

萩・すすき・桔梗・撫子・くず・藤袴・女郎花、

『秋の七草花粉症』のhiropon168です。

『ハスキーなクフ王』というおもしろい覚え方もあるそうだ。




さて、昨日は、仕事帰りに、よっしゃ、今日こそは『悪人』でも観ようと



映画館へ出かけるも、既に日に1本だけ!で終了。








ふりむくと











石原さとみにジッと見つめられていたので









つい観てしまったのが、























「インシテミル」












20101017045014.jpg

 

 

 




・・・・・・

















そらー オイラは石原さとみファンですよ。



















・・・・・






















しかし。。。
















ヒドイ!
















こんなん火曜サスペンス劇場でじゅーぶんや。












ハナミズキがコテコテてんこもりの不細工な未熟作品だとすれば、



こっちは、スカスカの作品。



話の展開に まったく意外性がない。







キャッチコピーが

時給112,000円の心理戦、参加者10名。

死ぬか、稼ぐか。

死の推理ゲームを制し、生き残って大金を得るのは、誰だ?

俺を殺すのは、誰だ?







とあるが、



あ、やっぱり。あっそう、そうくるわな。



はいはい、そうだよね。ふーん。あそう。



最初に死ぬ人、生き残る人、怪しい人



誰が見ても上映30分でわかってしまい、どんでん返しもなにもない。



原作をムリヤリ映画に仕立てた感が強い。



原作は読んでないけど、おそらくこの作りじゃ作者もファンもガッカリだろう。



名探偵コナンのほうがよっぽどよくできている。



フジテレビが、ライアーゲームを映画化して低予算でガッポリ儲けたので



日本テレビも、「柳の下のドジョウ作戦」をやったとしか思えん。



セットにま~~~~~~ったく カネかかってねー



北大路 欣也のギャラが一番高いくらいか?



おまけに、藤原竜也の演技がとっても芝居がかってて、クサイ。













映画館で見る価値なし!の すばらしい一品。







評価は、 D きっぱり。



『インシテミナイ』 が正解!

 


Leadcore氏も観たらきっと酷評だろうな。




石原さとみファンでも 




















でも、石原さとみは かわいかったです。




「のりピー、福祉従事者と接触」

 

 

うーん、芸能ニュースみたいだ。。。。

 

 ともかく

 

 

めっちゃ

楽しい2日間だった。

 

詳細は、のりさんのブログを。   と手を抜く私(笑)

めっきり秋めいてきたのはいいものの、秋の草花の花粉の影響か、

眼は充血するわ、鼻はへんだわ、喉はいがらっぽいだわ、困ったもんだ。

ここはちょっとかわいく、


コスモス花粉症だ


といっておこうhiropon168ですこんにちは。





さて、昨日は、



こんどこそ 『悪人』 を見ようと思ったものの、



仕事帰りでは、上映時間に20分ほど間に合わず、



これでもみてみるかと

 

 



つい、見てしまったのが
















・・・・・・















ナイト&デイ





tomu











おお、これは楽しい!









恒例の、ネタバレせん程度の解説



カンザス州の空港、出会いを夢見るジューン(キャメロン・ディアス)は、

理想の男性ロイ・ミラー(トム・クルーズ)に2度もぶつかってしまう。

その後同じ飛行機に乗り合わせた二人。

重なる偶然に恋の予感に胸をときめかすジューン。

ところが、襲いかかるとんでもないハプニングの数々。

窮地になるとロイが現れるものの、CIAは彼が犯罪者だと言うし、

何が真実だかわからないジューン。

しかしジューンはロイとの逃走を続けているうちに、隠された陰謀を知り、

信用できるのはお互いだけであることを確信し始める。。ちゅー展開。






これ、トム・クルーズがメインの映画のように思いがちだけど、



どっちかといえば脇役かな。



女性目線、つまりキャメロン・ディアスが主役で描かれている作品やね。



ジャンルは、コメディアクションスパイ映画?



コメディ、アクション、ラブロマンス、そしてオーストラリアやスペインの美しい風景。



それらが、テンポのいい展開でまとめられていて、観ていて実に楽しい。



まさに、エンターテイメント・ムービーやね。



典型的な事件巻き込まれ型の映画で、



『んな、アホな!』



みたいな、お話やねんけど、単純におもしろいねん。



アホっぽいイケメン兄ちゃん=トム・クルーズと、



能天気元気ねーちゃん=キャメロン、ちゅー配役がよってもよい。



トム・クルーズは、なんだかとっても、トムらしい役柄というか、



なにをどう演じてても、



ここにトムあり!



みたいなところが、みょーにオカしくてええなぁ。



ジョニーのようなカメレオン俳優とは、対極やな。



キャメロンは、サービスショット?でビキニ姿も披露してくれちゃってます。



でも、彼女もさすがに38歳、大スクリーンでUPになりますと、



お顔のしわと、ホウレイ線が少々気になるところ。








劇中流れるホールアンドオーツの「プライベートアイズ」がとっても懐かしい。







評価は、




ナカナカ楽しい映画ということで、ですね。










余談


h 「事務長、月曜の公休を明日にふりかえてもいいですか?」

事 「え?どうした急に?なにかあったんか?」

h 「え、あ、いや、実は、遠方の親戚が何十年かぶりに訪ねて来ることになりまして・・・」

事 「うーん、そんな理由ならしかたないなあ、なんとかシフトやりくりするかぁ、」

  「ところで、遠方ってどっからや?」

h 「え、あ、かなざ、あ、いや、九州からですわ。(汗)」

事 「あぁ、それで県内を案内するんやな?」

h 「そ、そうなんですよ!伊勢神宮とかにつれていってあげようかと(汗)」

事 「わかった、こっちはなんとかするから、やすんでくれ」

h 「ありがとうございます」







こうして、今夜から明日にかけての、夜も昼も、ナイト&デイ


のりさん受け入れ態勢は、粛々と進むのであった。つづく。

チリも積もれば山となり、チリも急げば人が出る。

4ヶ月かかるといわれてた鉱山作業員救出作業も、意外と早く進行し、

いよいよ本日終盤を迎えているようです。

地下約700メートルもの閉鎖空間での、長期間滞在、

はたしてそこに、禁断の愛は芽生えなかったのか?

愛のり、「ラブワゴン」を不埒に連想しながら、全員の救出を願う

オイラは閉所恐怖症、hiropon168です こんにちは。







さて、昨日の秋晴れの休日、



暗いうちに起き出して、北か南か、どこに行こうかと考える。



日本海側は、何年かに1度くらいのアオリイカの当たり年らしくて、



どこもここも爆釣しているというたよりも届く。。。。



うむ~・・・・・今年の日本海、



越前クラゲの激減や、アオリの激増となんやらアヤシイ。。。。。



その背景をしばし考える・・・・・・













おお、そうか!



きっとそれらの原因は、公害大国中国にあるに違いない。



渤海湾あたりからの有毒工場廃液や河川からの農薬流入を嫌って、



多量に中国系イカたちが日本に亡命しているのであろう。きっぱり。



と勝手に解釈し、中国の環境破壊 に涙しながら、



あまり、釣果は得られずとも、



そりゃー中国に近いほうよりも



黒潮流るる太平洋産のがウマイだろう、



いやウマイににちがいない!



特に三重県産は絶品だ、きっとそうだそうだ



と自画自賛、いや、自画絶賛し



地産地消だい!と、尾鷲方面に出撃したのであった。



まぁ、なにより、津より南へは高速道路タダっちゅー理由がいっちゃん大きいんやけど(笑)



かくして、夜明け前の5時過ぎには、既に堤防にすっくと仁王立ちし



出漁してゆく漁船の灯火を、きれいだなぁと眺めていた。







しかし、いい季節だっちゅーのに、連休明けだからなのか、エギンガーは誰もいない。



透明度の高いこの漁港も、先日来の400ミリからの豪雨の影響があるのだろう



この日は、かなり濁りがはいっており、そのため釣果も乏しいのか



世間で言う3連休後だというのに、スミ跡もほとんど見られない。???



それでも、 「ま、いいか」 とおにぎりをほおばりながら、



まったり気分で、ロッドを振る。




日の出をすぎた頃、



待望のアタリが。



胴長15~18サイズ。こぶりながら、肉厚でコロコロとしていて



なんともおいしそうなのが、連続ヒット。



こんなん↓
いーかんじ

 










グレ釣りの老夫婦の静かな話声



漁船のエンジン音



網干し場の漁師の声



カモメの鳴き声



ロッドの風切り音



ゆるやかにまったりと時が過ぎ

 

空も秋色

 



みなと

 



気づけは、11時までに、なんとか5杯を確保。



家族で食べるには充分だ。



秋にしては、汗ばむほどの陽気に、12時半 納竿、撤収。



帰路には道の駅「まんぼう」でおいしい青切りミカンを格安ゲットし

        ↑ クリックしてね

しみじみと充実した秋の一日を過ごしたのだった。



めでたしめでたし。







5はい







そんな平和な夕刻、



静寂を打ち破るかのように、



突如、ブロ友 のりさん より






今週末、三重県を襲撃する!

覚悟せよ!





という予告メールが!



さぁ、どうなるどうなる!?嵐を呼ぶ金曜日、hiropon168の運命やイカに。



次回ブログに続く!

 

 

 

 

 

2010.10.05 バッサリ!

朝4時におきて、さあ着替えをして釣りに出かけようとしたら、

あらっ、外は土砂降り。。。。

久しぶりの休日の雨に遭遇か。こんにちは、役所広司です。





雨降りの休日、釣りにも行けなくなったので、



ふらりと、上映時間も確認せず、映画館へ向かった。



さて、こんどこそ 『悪人』 でも観るかと思ったら、



上映時間があわず、



まぁいいや、これでもみてみるかと



つい、見てしまったのが


















・・・・・・













『十三人の刺客』(じゅうさんにんのしかく)











20100926152920.jpg





時代劇は、あまり見なくて、あとから知ったんやけど、この映画



1963年の映画『十三人の刺客』を三池崇史監督がリメイクしたもんやったのね。



もう、47年も前の作品を、今になってよくリメイクしたもんだ。












ひとことでいえば、











 








アタリひいた!




















この映画

 

 

「エンターテインメント時代劇」としては、非常によくできている!












ただ、本当に「時代劇が好き」な、のりさんやユジダルさんとっては、



「戦闘シーンの長さにばかり頼っていて、人物造形が足りない」



と 辛口評 かもしれないなあ








TV版もやってたらしいから、ストーリーを知ってる人も多いだろうけど、



知らない人のために、ネタバレしない程度に書いとくか。





江戸後期の弘化元年、明石藩江戸家老 間宮図書が、

筆頭老中 土井利位 邸の門前で、訴状と共に切腹、憤死。

これがきっかけとなり、

明石藩主 松平斉韶の異常性格と暴虐ぶりが幕閣の知るところとなり、

大炊頭を中心に善後策を検討したが、

将軍の意により、斉韻にはお咎めなし、となった。

斉韻の老中就任が来春に内定していることを知る大炊頭は、

彼が後に幕府で権力をふるうのを阻止するため、

やむなく、暗黙のうちに、暴君斉韻を排除することを決意し、

御目付役の島田新左衛門を呼び出す。

新左衛門は、大炊頭の意を受け、自身を含めて13人で、

参勤交代帰国途上の中山道落合宿で待ち構え、襲撃する。









これ、たった13人で200人を相手にするんですわ。



これでもか!とばかりに続く50分の戦闘シーンは、あの有名な



KOEIのゲームソフト『無双シリーズ』を大画面でやっているような感覚、



ある種の爽快感に近い。



63年版は、13人対53騎の殺陣シーンだったというから、敵4倍増し?


 

 


それに、キャストがなんとも贅沢だ。





役所広司、松方弘樹、山田孝之、伊原剛志、沢村一樹、古田新太、

六角精児、伊勢谷友介、市村正親、平幹二朗、松本幸四郎、岸部一徳、

 

そして 稲垣吾郎。




役者達みんなが 超ハマリ役の名演技。






なかでも、松方弘樹、



なんちゅー存在感のある演技やねん!

 



ただの大マグロ・大カジキを釣ってる釣りキチではないことを再確認。



時代劇の大御所、平幹二朗さんも健在だった。

 



快楽殺人犯のような暴君を演じている稲垣悟郎が、これがまた、いい仕事をしている。



ジャニーズ事務所がよく許したなぁというほどの、『超汚れ役』を大熱演だ。



SMAPメンバーとしてではなく、役者としてこの映画で一皮むけた感じやね。

 



それにこの映画、ろうそく明かりの部屋の感じがリアルでとってもよい。



藩主の部屋さえ薄暗くて、焔の揺れが不穏な雰囲気をかもし出していた。



まぁ、中にはリアルでない設定や、CGの雑さもあったけど



それを言い出してしまうと、エンターテインメント映画にならへんから



よし としよう。きっぱり。



確かに、大量の犠牲者を出さなくても、バカ殿を殺すには、



毒を盛るなり、橋落とすなり、自爆テロ仕掛けるなり、落とし穴、落石



いくらでもやっつける方法は、あるんちゃうのん?とも思ったんやけど



大悪党が、遠くから矢で射られて即死・・・食事に毒で急死・・・いきなり滑落死・・・

 

これでは、ちっとも オモロい映画 にならんもんなあ。



「飽きるくらい徹底的」なチャンバラ、それもありやね。



しかし、ひとりで20人は、バッサバサと斬ってたから、13人で掛け算しても



どうみても、敵は200人どころじゃなかったような……ま、いいか

 



ただ、「13人目」の存在って、なんかすごく違和感があった



リメイクだからしょうがないとはいえ、やや蛇足か。



久々の時代劇、色々考えさせられて、けっこう楽しめた。





評価は、 B+ です。





あなたも、バッサリ切り捨てたい上司や、得意先のヤなヤツを



脳裏に思い浮かべながらぜひどうぞ!(笑)

ブロ友の上総さんのブログで紹介されてたYou Tube画像が

あまりにもツボにはまってしまい、めっちゃ笑ったので

みんなにも、おすそ分けだ。(笑)

あははは。ハラいて~




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。