上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さん、コンニチハ!


27日は、義弟あっちゃんと尾鷲付近でアオリイカ釣りに出撃する予定でした。


しかし・・・おいらは、近頃お得意の二度寝をカマしてしまい、


ハッと気付くと既に夜明けを過ぎてしまっていました。


そんなワケでノンビリと「寝て曜日」でしたけど、


夢で見た話しでもブログにアップしたいと思います。


この日は、なにしろお天気が良かったから、もしもおいらが出撃していたら、


山の端から入道雲も出て、きっとこんな感じの空だったと思います。



P8271559




たぶん、相当に日焼けをしてしまったはずです。


あー、最近の夢は「総天然色」で、とってもリアルなのです。


さらに、テントで仮眠をとったという2階層の夢をみていました。



P8271560



しつこいようですが、これは夢の話ですヨ


もし本当に出撃していれば、アオリは入れ喰いで、


あっちゃんのこんな姿が、何回も見られたと思います。



1282953699




P8271561




さらにしつこいようですが、あくまでも夢の中でですが・・・


夢の中でのおいらは、のんびりと海水浴までしちゃって、


砂浜でお昼寝したところで、夢から醒めました。




1282953785



山ほど獲れたアオリがこんな料理になったような妄想で、


枕がヨダレで濡れていたのはヒミツです(笑)



1282954019
1282953967


クーラーBOXもカラッポで、まるで釣れてないようにきれいだったし


きっと、気のせいでしょう。ぜったいに行ったはずがありません。


ナニを書いているのか、ワケが判らないブログです。熱中症でしょうか?


その義弟がブログを始めたようです。←クリック 


よろしければ(笑)

 


明日も、『前向き』に頑張りましょう   

 

 くそーがんばったのにい。。。(T-T)   どうせ、ボーズだよっ!ボーズ!

スポンサーサイト
2010.08.25 冷える

酷暑の中、冷蔵庫のないステキな生活。

エコロジストということにしておこうhiropon168です、こんにちは。




皆様よりの多数のおくやみ?のコメントありがとうございました。



いまや、白い大きな戸棚と化している冷蔵庫(であった物体)。。。



冷蔵も冷凍もしないから、これは、




『庫』


 



と呼ぶべきか?

 



しかし、フツーにあって当然のものがないと困るよねぇ。



不便さとありがたみを痛感しております。







さて、気を取り直し、



仕事帰り、スクリーン中毒患者のように、またまたまたまた映画に行った私。



時間の都合上、 見てしまった のが



「魔法使いの弟子」



maho-tukai.jpg

ディズニーのミュージカルアニメ「ファンタジア」の一遍をモチーフに、

「ナショナル・トレジャー」のジョン・タートルトープ監督で実写映画化。



評価 C- おヒマなら。


以上




 

 










え?



結論早い?





もっと書け?




コレなーんも書くことないんやけど・・・・




全然面白くなかったんやもん








劇場次回作予告を見ただけで、予備知識なしやったんさ。



タイトルからもしや。。。。。



と不吉な予感が脳裏を・・・・・・










やっぱし。。。。。。











以下のとおり



魔法使いが、後継者を苦労して見つける、
いやいや見習い修行の出来の悪い日々、
敵の襲撃、ヒロインの誘拐、
知恵と勇気で奪還、ラスボスの登場、
主人公いきなり魔法に目覚め勝利、
死者もよみがえり、めでたしめでたし。



ちゅー極めてありがちな、お手軽な作品だった。


 

 

 



『量産型魔法神話モノ』と名づけよう。



 

 

 

 



記憶のよい人でも、すぐに内容を忘れるほどの印象の薄さ。



また、この主役の大学生に華のないこと!ビンボーくさい貧相な顔だちに



感情移入が、ま~ったくできへん。



そもそも超能力や魔法が物語のベースやと、真実味なんて度外視



ルール無用で、なんでもあり になりがちやねんから、



もうちょっと脚本がなんとかならへんのか?



この目新しさも斬新さもない展開はなんやねん?



それに「ファンタジア」のミッキーが魔法で掃除をして失敗するという有名なシーンを



ムリヤリ実写で取り込んでいる違和感。蛇足とはこのことやね。



ストーリーが間延びするだけで取り入れた意味がさっぱりわからん。



「ナショナル・トレジャー」スタッフのてがけるVFX映像だけに、



眠くならなかったのが唯一の救いやけど、



夏休みお子様向け映画だとしても、こりゃーあかんやろ。



仮面ライダーWのツメの垢でも飲んでおけといいたくなる。





あーあ、こんなことなら ガッキー 見にいくんやった。





壊れた冷蔵庫のかわりに、トホホと心の冷えた夜だった。












ちょーさん

2010.08.23 想定外

冷蔵庫

いきなり沈黙す。

 

 

 

 

 

 

 

号泣

 

 

 

 

このくそ暑いのに!

 

 

 

 

 

大至急エイデンへ

 

 

 

 

 

 

これエエやん!

 

 

 

「こちらの特価商品は9月になります」

 

 

 

うちは右開きドアがええんやけど・・・・

 

 

 

「右開きだと、9月になります」

 

 

 

 この色がええなあ。。。

 

 

 

「これの在庫がありませんので、9月に」

 

 

 

これは?

 

 

 

「9月です」

 

 

 

 

 

 

 くそぉ~~!

 

 

 

選択肢はほとんどないのか!!

 

 

 

一番早く手配できるものチョイス

 

 

 

10分も購入に悩まん。。。。

 

 

 

 

それでも

 

 

 

 

木曜日まで冷蔵庫とどかず。

 

 

 

 

 

 3日もかよっ!

 

 

 

 

 

 

 金のないときに限っての出費・・・・・

 

 

 

庫内の食材の運命も推して知るべし。

 

 

 

 

 

 ううううう・・・・・

 

 

 

 

 

かなしい

 

ご無沙汰してます、お盆の里帰り後、ブログもおさぼりぎみ、

社会復帰できまへんhiropon168ですリハビリ中。





これではあかん!



特攻野郎Aチームみてきました。



そういえば25年位前に、TVシリーズが放映されてたなあと思い出す。



あの頃は、おもしろくて、時々見てた。



こいつは、そのリメイク版。



TV版は、ベトナム戦後、こっちはイラク戦争末期の設定やね。



特殊部隊「Aチーム」ことアルファ部隊のメンバー4人は

「バグダッドで活動するゲリラが巨額の金と『USドル紙幣の原版』を持って

逃亡しようとしている」という情報から上官の命令でゲリラを討ち、原版を手に入れた。

しかし直後に上官は爆死し、原版は何者かによって持ち去られてしまう。

Aチームは、何者かによって、上官殺害と原版横領の罪を押し付けられ、

特別刑務所での10年間の懲役を言い渡される。

しかし、4人は脱獄。当局の追跡をかわしながら、自分達をハメた黒幕に迫っていく。

という筋立て。   

わかりやすいでしょ?(笑)







どーせ奇想天外なハチャメッチャのツッコミどころ満載のB級映画だろうと、



それほど期待もせずに行ったんだけど、



 

 

 




ええやないの!




 

 

 





痛快だ!





 

 

 

 




けっこう好きやなぁコレ



イライラのストレスがなくなるね。



少数精鋭たった4人のプロ集団。



この作戦はヤバイなーと笑いながら、悲壮感もなく、



とんでもないミッションを軽々とクリアしていく。



ピンチでも笑顔でどーする?って聞いてるのがいいなあ(笑)

 

 



前向き感でいっぱいだ。

 

 

 



上映時間があわなくて、やむなく日本語吹き替え版で見たんだけど、



これがまた、声優さんバッチリでいい感じ。オススメ。



ますます昔のTV版シリーズを思い出して



レンタルDVD屋さんに借りに行っちゃいそうだ。






そこの仕事でウツになってる ア・ナ・タ、ぜひどうぞ。



ウナ丼より元気出るかも(笑)



夏バテによく効きそうなので、評価は B+ をあげましょう。


 

 

 

 

 


ブリーフィング中・・・のりさんが危険だ!灼熱の甲子園で東海大相模を応援するには?
A

竹串出てきてうれしいぞ。hiropon168です、こんにちは。


さて、同窓会報告の後編は、お腹のすく写真から。



P8071518






P8071520







P8071519

 




P8071521




激コミの店内に、2テーブル確保した我ら



食った食った話した話した飲んだ飲んだ食った食った話した飲んだ食った話した飲んだ飲んだ食った飲んだ。




人気店ゆえ、追加注文はNGだけど、追加ビールはOK



つきないネタにビール注文で時間を稼ぐも、



順番を待つお客の列からは、はよ帰れよといわんばかりの白い目が。。。。



さすがに、



『なあ、これからどーする?』  と、あいなった。






灼熱の京都をさまようことを覚悟して



日焼け止めは塗ってあるし、



タオルや、扇子まで準備してあるぞ!



どっからでもかかってこい。



どこでもいくぞ!








・・・・



 




キー坊が、ぽそっという









『 ちょうど今8人いることやし






 2階あがろか? 』









・・・・・










麻雀かよっ!!!







いややないけど(笑)


 





P8071523






結局、フルメンバー12人がそろう日没まで、



灼熱の・・・・



いや、めっちゃ快適な京都の雀荘で過ごすこととあいなった。



そして、雀荘のおっちゃんは、30年の歳月を経ても、



我々の顔を覚えていてくれた。





P8071524




集合時間から2時間ほど遅れで現れた、上沼恵美子(仮名)女史、








『あんたら、私が、山口からはるばるきとんのに、



まーじゃんやる気なん!?』





とおかんむり(笑)






そんな、上沼女史(仮名)をほっといて、



麻雀は、特別ルール2卓2部リーグ制で進む。




P8071526



A卓は1軍、B卓は2軍ときめて、



ハンチャンごとに各卓の上位1・2位がA卓へ。



3・4位がB卓へ、移動。



片方の卓のオーラスが終了、もしくはドボン終了した時点で、



もう一方の卓も強制的に終了となる特別ルールだ



ビンビールは、そこでも13本ほどが消費されてゆく






P8071525







P8071522






600円のわずかな負けで、オイラは終了。



後から遅れてやって来た、井中くん(匿名)と交代。



ちょうど、徘徊からもどってきた上沼恵美子(仮名)とともに



夜の宴会の部の店探しに先行するため、18時頃、雀荘を後にする。








北野白梅町は、立命館大学のテリトリーだ。



安い居酒屋が、そこここにある。



オヤジと化した上沼恵美子(仮名)が







「串八」にいくわよ!






と ガオー と吼えるため、素直に従う子羊のような私。



「あとから、10人来るんですけどはいれますか?」の問いに



ひとめで、彼女は、危険人物だとみなされたのか、



勘のいい店員に「満員です」とキッパリと断られる。





嵐電の駅の北側のビルの路地をのぞくと、よさげな店を発見。



まだ開店したばかりのようで、お客もいない。



店内中央部に、ちょうど12人ほど座れる大テーブルがあるものの、



「私ら、やかましいから迷惑やと思うんで、奥の部屋はない?」



と店員にかけあう上沼さん(仮名)。



・・・えーと、ウルサイのは、おそらく、いや、ぜったいキミだけやとおもうんですけど・・・



「奥は予約ですので、そこでいいですよ」といわれ、店を確保。みなに連絡を送る。

 

 

ああ、ここの店員は、かわいそうに、上沼さん(仮名)のはかりしれないパワーをしらない。。。。まあ、いいか(笑)

 

 

 



夜の部参加者と麻雀を終えた面々が集まり、



総勢女性2名男性10名がそろう。



P8071530



飲んだ話した飲んだ話した話した話した飲んだ飲んだ飲んだ上沼おまえどんだけ飲むねん話した飲んだ騒いだ騒いだ上沼おまえ声でかいよ飲んだ飲んだ話した話した上沼カウンターのお客がおまえの話聞いて爆笑してるよ飲んだ飲んだ騒いだ笑った笑った飲んだ笑った騒いだ上沼おまえ騒ぎすぎすーちゃんみならえ飲んだ飲んだ話した笑った飲んだ笑った




P8071527




縁もたけなわを迎えて、22時をすぎ、日帰り組みが撤収をはじめる。



さすがに飲みすぎて眠くてしんどくなってきたので、オイラも便乗撤収。



後日談によると、残ったメンバーは、どうやらテツマンに突入したとか。。。



ああおそろしい





しかし、いつも思うが、学生時代の仲間ってええなあ。



30年の月日など、ひとっ飛びで、過去にタイムスリップや。



ほんまにええやつらやん。。。。としみじみ








さて、そんな嵐?が過ぎ去った翌日



すぐに帰ろうかとも思ったものの、



思い立って、



右京区常盤へ。










太秦自動車教習所の隣。



思い出の場所へ。







ここは、すでに



TSUTAYA太秦店の駐車場に変わっていた。



知らない人には、なんのヘンテツもない変な写真やけど



あの時代をいっしょにすごした友は、しみじみと思うだろう。


 

 



P8081531




ここに、あの 『洛西館』 が建っていた。

 

まさに自転車が置かれている場所。




喫茶店フルハウスも、今は思い出の中だけだ。




 




そんな哀愁にお別れし、 丸太町通りを東へ。


 


土地勘あってどこに何があるかわかるっていうんは、便利なもの。



カーナビなんかいらへん



最後は、京都らしい写真で、静かにブログを閉じておくとしましょう。



さて、どこだかわかるかな?











P8081535

 

 

 

 

 

 



P8081533

 

 

 

 

 

 



P8081540

 

 

 

 

 

 



P8081549

 

 

 

 

 

 




P8081543

 

 

 

 

 

みんな来年も、元気で生きとらなあかんで~!(笑)

 

 



 

2010.08.10 臨時ニュース

竹串発見さる!

 

 



10日間もの長旅を経て



本日、無事排出される。



こ、こんなデカかったの!?  Σ( ̄ロ ̄lll)



ご、5センチはあるやん!(汗)



よくぞよくぞ、ご無事で・・・・・



真ん中へんに、折れ目があったから、それで腸管を通過できたのか??



写真も撮ったが、いかにも、ばっちいからNGだ



ヨカッタヨカッタ、ホンマによかった。(ノ_<。)うっうっうっ



 

 





一徹



悪友たちとの待ち合わせは正午。


異常な酷暑といわれる今年の夏だが、見上げれば薄曇り、


風も少しあるせいか、京都は、


意外にも歓迎してくれるかのようにすごし易かった。





早めの上洛に、さて、嵐山でも散策して、しばらく


時間をつぶそうかと思案するも、にわかに思い立ち、


嵐電に乗り込み、御室仁和寺へ向かう。







P8071499

 

 

 






P8071503

 







御室仁和寺、そう、徒然草、第52段にも登場する


説明するのもおこがましい有名な世界遺産のお寺だ。 ← くりっく



P8071514

 

 



1回生の頃は、大学に向かう道すがら、幾たびこの寺の門前をながめたことか。


思えば、初めて下宿した部屋の東の窓から、


この仁和寺の五重塔を眺めていたことをふと思い出す。





P8071515

 

 





境内は、ガイドブックに載る写真のように、土曜日というのに人けもまばらで、


ときおり、涼風が吹きぬける。

 




P8071517

 






刻まれた学生時代の記憶と、現実の風景の違和感に戸惑うことが多い中、


30年の年月の流れなど、バカにするかのように、


古都の寺は微動だにせず、そこにあの時代のままたたずんでいた。




P8071510

 




 



P8071513

 

 





P8071507

 











タイムスリップする中、気づけば、11時半もすでにまわっている。


境内南側、左右に金剛力士像を安置している二王門前から


急ぎタクシーに乗る。


等持院南町の市バスの停留所あたりまでお願いします。


そう告げると運転手のけだるい返事とともに、


静かにタクシーは滑り出した。


遠回りしがちなタクシーに、


等持院の路地を南下してほしいと頼めるのは土地勘あってのもの。


京福電鉄の線路を横切り、左折すれば、


今やガイドブックにのるほどの人気の店は、すぐそこだ。


暖簾の先の行列に、なつかしい面々が笑ってる。




さてパーティはこれからだ。

 




P8071519

竹串・・・いったいどこへいってしまったんだろう?

今日で6日が経過。。。。。。もう大丈夫か?

こうやって100歳以上の高齢者も行方不明になっているに違いない。

なぜか元気な「しゅう」にまだ不安。 hiropon168ですこんにちは。





明日は


立命館大同窓会in京都


サブタイトル「死ぬまでにあと何回会えるか?」


が開催される





悪友キー坊のこんなメールから、上記サブタイトルがつく。


「みんながあと何年元気で生きられるか判らんけど、
 もし、65歳でひとり病気にでもなって欠けたら…
 あと13年、と言うことは毎年会っても、
 あと13回やで・・・
 学生時代の2週間分や・・・以下省略」



毎年、顔あわせても、2週間分。。。。。




迷わず、灼熱盆地へ向け、上洛だ。




集合場所は、等持院そば、雀荘1階のお好み焼き「ジャンボ」12時(爆)





詳細は後日、キー坊とともにお届けしよう。




・・・・



ブログが途絶えたら、熱中症で所ジョージのように入院中かも



まずはとりいそぎ、お知らせまで(笑)



書道部

2010.08.05 ソルトとは

毎日毎日100歳以上の行方不明者が増えてゆく。

ホントに日本は長寿国なのか??? だまされとらへんか?

心は少年、身体は高齢者、hiropon168ですこんにちは。





さて、次に見た映画は、ソルトだ。



完璧にネタバレしないように、キッチリ解説するとしよう。







舞台は、70年代の日本である。

1971年4月に成立した「塩業近代化臨時措置法(塩専売法)」により、

従来、日本人が行っていた流下式塩田製法が全廃され、

イオン交換膜製塩への切り替えが起こり、製塩業は化学工業化された。


1806年から続いていた伯方島の塩田も、1971年12月に廃止となり、

松山市でこれに疑問を持ったアンジェリーナ・ジョリー演じる「菅本」によって

自然塩存続運動が起こる。

そして、5万人の署名を集めて関係各省へ訴えた結果、

1973、専売公社は「メキシコ・オーストラリアから輸入される天日海塩を用いること」

などを条件として、塩田製法を用いた塩の販売が認可され、

「伯方の塩」が生まれたという。

これは、アンジーの塩田を守るノンフィクションドキュメンタリー映画なのである。


 





そると











え?

 



はじめから、オチがバレてる?

 



塩のソルトやろって?







くだらない?





だから、ネタバレしないようにって・・・(汗)











そんなんいらんから、話をすすめろ? 







うーん、あんまり書くこと無いんだけどなぁ、この映画。。

 

 





しゃーないなあ、んじゃあ もうちょっとだけ解説するわ






冷戦時代に実在したとされるエリート・スパイ養成学校の話に着想を得たもので、


計画実行のために、何十年もアメリカ人としてアメリカ社会に潜伏するという


めっちゃ気の長~い、スパイたち(テロリスト?)のお話ですねん。


そんな中、スパイ容疑をかけられたアンジー扮するCIA分析官イヴリン・ソルトが、


自身の身の潔白を証明しようとするアクション映画なんどすわ。


これがまた、現実社会でも最近、ロシア人美人スパイのアンナ・チャップマンが


世界のマスコミを騒がせてたんが、映画宣伝のようで興味深い






当初は、トム・クルーズの主演映画として企画されたらしいけど、


彼に代わってアンジーが登板、それによって主人公の名も


エドウィンからイヴリンに変更されたという裏話があるらしい。


ちなみに、アンジーの次回作『ザ・ツーリスト』(2011年公開予定)も


トム・クルーズ&シャーリーズ・セロン主演だったが、彼らの降板で、


アンジー&ジョニー・デップ主演に変更となったらしい。


まあたしかに、トム・クルーズよりは、アンジーやジョニーのほうがよっぽどいいな。





この映画でも、彼女のアクションシーンは、カッコいいし惚れ惚れする。


とても子持ちのおかーさんとは思えないキレのよさだ。










さ~て、



独断に満ちたオイラの映画の感想なんやけど



映画冒頭シーン、主人公の北朝鮮での拷問シーンがいきなりあるねんけど、



なぜか、ちゃーんと下着だけは、上下着けさせてもらっている



あんなめちゃくちゃする国が、めっちゃ紳士的だ。



それに水責めだけ??  左目だけが腫れる程度の拷問???



せめて、亀田戦後の内藤くらいのボコボコ顔にしといてもえーんとちゃう?



エスっ気ないそこの君でも、とてもこの映像、不満を感じるに違いない。



エムっ気のあるアナタも、欲求不満を感じるはずだ。



どー考えても、いきなり違和感全開で話がはじまる。



もうひとつひっかかったのは、主人公の変装ぶり。



ロシアのスパイだと疑われたアンジーは、みつからんようにと、



ヘアスタイルを変えること2回。



ロングのブロンドからブルネットへ、そしてショートカットへ。






ほんなもん、変装ちゃうやん!






髪の色変えようが、帽子で隠そうが、顔いっしょやし。



どーみてもアンジーはアンジーやん。



あのCIAが、髪の長いオンナを探せ!とか、ブロンドの女を見つけろ!



とかいう曖昧な命令を出すんかいな?



ふつー手配書写真でしょーが。



ルフィやチョッパーでさえ手配書に顔があるぞ。



せめて、含み綿するとか、メガネかけるとか、メイクを変えるとか



ちゃんとバレんよーな変装せんかい!



髪だけかい! まだマスクで顔隠すほうが現実的やないかい?



うーん・・・・



まぁ そうしちゃうと、アンジーを起用しなくてもよくなるか・・・・



アンジーのアクションもキレがよくて、ちっとも悪くないんだけど、



なんだかどの映画でもみかけるシーンのようで、ほとんど心に残んない。。。



アンアンマン2のスカーレット・ヨハンソンのようなキメポーズがほしかったところ。






それと、エレベーター昇降路をスパイダーマンなみのフィジカルで、えっさかほいと



くだるのは、百歩譲って許してあげるが、下り終わって、あっちゅーまにそっから



全世界を灰にできる核弾頭発射管制室まで侵入できちゃうセキュリティっていったい?



出入り自由のEVメンテ会社専用のドアがあったのか、そんなとこに???



hiropon168家の自転車置き場以下の防犯体制に思わず感動してしまった。







ちゅーわけで、アクションテンポは、まずまずだが、のめりこんで見ちゃうような



「リアリティをあまり感じない」というわけで B どまり。



すぐ、記憶から消えてなくなりそうな、「薄塩」映画ね。



ソルト

 

 

はっかったぁのぉ~しおっ。 こっちのがいいな(笑)

 

2010.08.04 連続鑑賞

あー朝から今日もセミがうるさい。。。


あえていおう!


日本のこのクソ暑い気温上昇の元凶・原因はセミなのである!



あ、これ前回書いたんやった。


排泄物からブツは未だに確認はされていませんが、


お陰様で、いまんとこ、「しゅう」は


元気に過ごしております。hiropon168です、こんにちは。

 


さて、仕事帰りに、まっすぐ帰らない私、


中一日おいて、またまた映画を二本みちゃいました。





1つは



「借り暮らしのアリエッティ」



ネット上の評価も2分しているし、



職場の女性たちも、つまんな~いだとか、



盛り上がりがないだとか、いまいちだ~とか



あっけなくおわった~とか、不平不満をほざくので、



ホンマかいな? コレは実証検分しなくては、と出かける。



N0021318_l.jpg


 

 

 



ええやん!




 




めっちゃええやん!



 

 





子供向けやなくて、完全に対象が大人やん。



コレを、酷評するセンスというか、感性が信じられない。



理解不能な人は、脳内が、ガキんちょにちがいない。




 

 



感動した。



 



全編、なんと詩的なんだろう。。。。。


 

 

 




ブロ友、ポエマーうえぽんちゃんにもぜひ見ていただきたい。



まさに、



佐藤さとるのファンタジー小説

 

「誰も知らない小さな国」の世界の再現だ。


01250457.jpg
※講談社青い鳥文庫

 



色彩の巧みさや、静かなストーリー展開、無駄なところが何も無い。



たしかに宮崎駿監督より米林宏昌監督を起用して、大正解だと思う。



いままでジブリ作品では、トトロが1番やったけど、ぶち抜きNO.1。

 



なんでも3Dにすりゃあいいっていう外国アニメは、コレみならいなさい。



映画終了後、こんな清涼感を感じたのは久しぶり。





評価は、きっぱりと A です。


 



おもしろくないという人の感性がま~~ったくわかりません。



ちなみにA+にしなかったのは、


声優のキャスティングが、びみょーに一致しなかったことだけですね。


ところで「借り暮らし」は、「狩り」と、「仮の暮らし」もかけたタイトルなのかな?




さて、もう1本は、「ソルト」を見たのですが、



それはまた次回に。

 

 

うるさい!



朝っぱらから、セミがうるさい!





あえていおう!

日本のこのクソ暑い気温上昇の元凶・原因はセミなのである!(ギレン・ザビ調)



総帥




hiropon168学説:再掲載 (忘れてる人は思い出すように)


オスの腹腔内には、音を出す発音筋と発音膜、音を大きくする共鳴室、

腹弁などの発音器官が発達しており、鳴きまくることで猛烈アピールしてメスを呼ぶ。

薄い発音膜が振動し、アンプで増幅、スピーカーで増強、みたいなメカニズムだ。

当然、空気も振動させる。

粒子が振動すればどうなるか、そう、電子レンジと同じ仕組みだ。発熱する。

コンサート会場が熱気に包まれるのも、実は同じカラクリだったのである。

きっぱり。

さて、1ヶ所の公園ですら何万といるらしいセミ、

日本中となれば億とも兆とも言える個体数だ。

そいつらが、粒子を振動させている。






あえてもう一度言おう!







クマゼミは午前中の出勤拒否を生み出す気温上昇を、


アブラゼミやツクツクボウシが午後のうだるような気温上昇を、


ヒグラシは、朝夕の犬のおさんぽもしたくないほどの気温上昇を、


ニイニイゼミは、早朝から夕暮にかけての安眠妨害となる気温上昇を


それぞれが、生み出しているのであーる。(ギレン・ザビ演説調)







誰かヤツらを

黙らせてくれい!






キー坊提供参考写真 ← クリック




そんな暑いさなか、地元では夏祭りがあった。



陽が落ち涼しくなったので、アホ犬「しゅう」とともに、冷やかしにいった。



去年は実行メンバーだったのでたいへんだったが、



今年はOBなので、とってもラクチンで、かつVIP待遇で



生ビールやら焼きそばやらが頼んでもしないのに、調達されてくる





そんな中、



アホ犬「しゅう」のゆるんでた首輪が、



お祭りで興奮したヤツの動きにスッポ抜け、



祭りの人ごみの中、捕り物劇が発生。






ようやく取り押さえたものの



何かくわえている。





落ちてた焼き鳥





ヤバイ!!と唸るアホ犬から取り上げるも、



アホ犬の貪欲さ、時既に遅く



竹串ごと3分の1たべちゃった。






そんなとこへ連れてくからや!



死んだらどうするねん!



と帰ってから、家族みんなに責められる私。



ちょっとでも異変があれば、獣医さんだ。



どうか、何事もなく、



胃腸をスルーしてきてちょうだい。



今日で3日が経過するが、



本人(本犬)は、いまんとこ元気。


しゅう



はたして、お尻から竹串は、無事排出されるのであろうか・・・










お尻から出てくる竹串・・・・














はっ!












おまえは、ハチになるのかっ!!!








はっち

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。