上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.29 少し重い話
スカヨハに浮かれていたら、ヨメの実家からあまりよくない連絡が飛び込んで来る。


義父は、広島原爆の被爆者でもあり、軽い糖尿病もあり、心臓ペースペーカーもあり、


まあそれでも、今まで元気にやっとったんやけど、検査でひっかかり、母が呼び出され、


医師から説明を受けたらしい。


内容は 「肺癌の疑いが濃厚」。


今後の治療指針を決めへんとあかんねんけど、老夫婦2人だけの世帯ゆえ、


悲しいかな話の詳細がわからないので、こちらに連絡が。。。。


速達にて郵送してきてもらった検査データや、医師の所見を見ても、


骨転移なし、脳転移なし、といった一連の記載があることから、


「疑い」とあっても、肺癌であることは、ほぼまちがいないため、


喀痰検査の結果が出て、「結核ではない」と、確定診断がでる明日、


医師の説明を聞くために兵庫県まで出向くことに。


ヨメの両親は二人とも寝込んでるわけでもないから、9:30に現地集合。


市内の某市民病院待合にて待ち合わせることになる。


これは、自分の立場的には、大病で寝込んで入院している場合のお見舞いよりも、


かなり、気持ちはヘビーだ。


実の親に対する場合と違って、かなりデリケートな対応が求められる。


自分の表情ひとつ、声かけの単語1つが、どうあればいいのか戸惑ってしまう。


年齢的なこと、持病のことを考慮すれば、


化学療法や、放射線、手術など、延命治療は困難なのは明白。


今後のことを考えても、悪化して入院したら看病的なことはどうなるのか?


亡くなったとしたら亡くなったで、義母だけの生活をどう支えるのか、


長男長女どおしの結婚による核家族ゆえ、


別の遠方には、自分のヨレヨレの両親もおるし。。。。


う~~~ん  hiropon168家の明日はどっちだ?




でもまぁ、先々の未来を先読みして あれこれ悩んでもしゃーないか。


人生、先に何があるかなんてわからへんしなぁ。


寿命と運命はちがうから、自分だって今日にも死ぬかもしれへんし、


人間の死亡率は100%だ。






「今を大切に、今やるべきことをやってれば、必ず道はひらく」 やな。

 



前向きに考えよう。






スポンサーサイト
みてきましたよ、アンパンマン2

ジャムおじさんが「アーク・リアクター」を発明し、

アンパンマンになって、自分の顔を食べさせて人助けをするという。。。。


 



ん?




おお!

 

まちがえた!



アイアンマンだった!



のっけからしょーもないボケツッコミ、hiropon168ですこんにちは。







さて、アイアンマン2 

 

 

 

おもろいやん!



 

 




さくっと、  A 

 

 

あげときましょう。




 

 




見なさい!コレ! とくに男性諸君。



そこの、滅私奉公で凹んでるのりさんや、出張疲れ&屈辱に凹んでいるキー坊、



風邪でへたれているターチのだんな、家庭菜園にいそしんでいるユジポン教授。



などなど、その他ブログ友の面々、いってきなはれ、



ストレス解消しまっせ~(笑)






なんちゅーても



スカーレット・ヨハンソン の オンナっぷり



ええで~



(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


 


それだけで、Aです。きっぱり。 ← そこかっ







前作見てない人は、レンタル店で借りて、予習しておくように。






さて、ネタバレが、まったくしないように、恒例の解説などするか







地球連邦政府に対する全面戦争を想定していた公国が、質、量ともに強大な力を持つ

地球連邦軍に対し優位に立つための新しい兵器として、宇宙世紀0071年にサイド3の

民間企業スターク・インダストリー社に宇宙用機動兵器の開発を委託。

天才発明家トニー・スタークの手により、ミノフスキー粒子理論を用いて作られた

試作機は「人型」であり、「能動的質量移動による自動姿勢制御(AMBAC)」が

可能であった。

宇宙世紀0073年、MS-01という型式番号とアイアンマンという名称を与えられた。

宇宙世紀0075年、実戦型アイアンマンの採用トライアルにおいて、

スターク社はYMS-05、ライバル会社ハマー・インダストリーズ社はEMS-04を提出。

EMS-04は宇宙空間での高い機動力を発揮しながらも試験中に爆発事故をおこし、

結局スターク社長の操縦する安定した性能を示したYMS-05が採用され、

「MS-05」(後にアイアンマンI)と命名された。また、地球侵攻作戦のための

局地戦用MS開発も宇宙世紀0076年に開発が始められた。

そして、アイアンマンIとその改良型であるアイアンマンII(MS-06)の

大量生産が行われ、宇宙世紀0079年の一年戦争の緒戦に投入されたのである。

ところが連邦のV作戦により、RX-78が投入されてから戦局は。。。。以下省略。












え?












『それ・・・・ ザク やん』 って?











あらっ、  もうバレた?










しゃあざく








ともかく、ロバート・ダウニー・Jr演じる おちゃめな中年社長が



とっても えー味出しとる。 

 

それに、



スカーレット・ヨハンソンのキレのある超絶格闘アクションシーンは、



全国のおじさんたちの、生唾ごっくんものだ(笑)



スカヨハの顎をクッと上げた目鼻立ちなんてたまらん。

 

 




スカヨハ


 

 



もっぺんみにいこっと

 



うひょひょひょひょ~(トリック山田奈緒子調)

雨と雨の日の間のぽつんと晴れの日に、休日がはいる。。。



なんという すばらしいハレオトコぶり おほほほ



すっかり気象をつかさどる男 hiropon168です こんにちは。






そんな休日は、気合がはいってた。



なんせ、通常の3倍、いやちがう通常の3時間はやく、



深夜からお出かけしたほどだ。



ヨメも娘もあきれて、今やもう何もいわない。



義弟のあっちゃんも、リベンジに燃え、やる気満タンだ。







 

 





















 







惨敗!












号泣











先行していたヤエン師のおっさんたちにもボロ負け!









結果は、外道 タコ2






 

 

 





CIMG1495













多くを語らず、さらに精進し、修行を重ねる私であった。





 

 

 

 





がんばりましょう

ここに、またきてしまいました。私、あんなことまたされちゃうんです。



すでに私のアソコは、じんじんとしびれたような感じです。



彼は、握った黒光りするモノを見せながら、



『大丈夫だよ、そんなに痛くしないから、



何回も経験してるから、もう慣れただろ』

 

って言うんです。



何回すれば、気持ちよくなるんでしょうか?

 



彼は微笑みながらベッドに近づいてきます。



ソレは、いつもよりも太く大きく、私の目にはうつります。



こんな太いものが私のアソコにまた入れられるのね



と信じられない気持ちです。

 



私のアソコの粘膜は、彼によって、



しっかりと濡れさせられています。



そうでなきゃ痛くて、きっとはいらないでしょう。



しびれたような感じが穴の奥まで広がってゆきます。

 

 



『入れるよ』

 

 

 

 

 

それはいきなりはじめられました。

 

 

 

 



『あっ!』

 

 

 

 

 

 

小さな声がもれてしまいます。

 

 

 



短いがはえているアソコの穴は、



彼の黒光りするもので押し広げられてゆきます。



 

 

 




『うっ』



 

 




挿入される時の痛さに涙がこぼれましたが、



以前ほど痛くはありません。



それもすぐにおさまりました。

 

 



深くゆっくりと奥まで入れられました。



彼が黒光りするモノを出し入れするたびに、少し痛みがはしります。


 

 



『あぁ、もっとゆっくり!』


 

 

 



思わず懇願してしまいます。



彼は といえば、入れたり出したりしながらも



真剣な眼差しで、アソコを見つめています。

 

 



『キレイだね』


 

 


とつぶやく彼

 

 

 

 



他の人の体と比べてどう?



と心配していた私は、ほっと安心しながらも、

 



『もっと見て見て!変じゃない?』

 

 

 

と思わず聞いてしまいます。















 

 

 

 

 






『はい、ごくろーさん、hiropon168君、お疲れ~』


 

 

 

 

 



で、その経鼻内視鏡 ↓



honntai




で、その黒光りするモノ 


sakippo




「いやあー残念やけど、今回もどこにも病変はなかったな」と先生。





今年も、健康診断の胃カメラ、



無事におわりました。  ほっ ←安堵の吐息

 

 



あそこの写真

 

 



え?



前書いてたのと同じネタじゃないかって?




だって、毎年うけてる健康診断ですから。




それがなにか?






みんなも胃の内視鏡、年に1回は受診しようね。

仕事がかったるくてストレスの宝石箱やぁ。。。

彦麻呂もどきhiropon168ですこんにちは。

ほんなもん発散せねば!と勤務終了後、発奮し、またまた映画館に直行。





今回観たのは、



ディズニーが手がけるハリウッド大作「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」だ



上映中  ず~っと



ん~~~~~?



な~んかこのタイトル、聞いたことあるねんけどなあ???



と、うずうずうずうずしていたのだが、



思い出した!



やっぱし、ゲームソフトタイトルやん!





げーむ




04年のPS2のゲーム



「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」を基にして作られとるんやん!



最近は、バイオハザードといい、ゲーム⇒映画となる作品も多いなあ。



昔じゃ考えられへんね。



それだけゲーム製作の完成度も高まってるってことね。







え?映画ですか?



オモロかったぞ~。



生身の肉体から繰り出される逃走劇と肉弾戦がスピーディに描かれていて、痛快。



鍛え上げられた体に、



ジャッキーやジェット・リーもどきのアクションシーンは、見応えあるねえ。



ハムナプトラ、インディ・ジョーンズ、タイタンの戦い、影の軍団(←ここ注目



を思い出させる観たことあるような同じようなシーンもあるんやけど、



それでも なおかつ おもしろかった。








簡単にいおう、









王座争い、魔法グッズ、謎の遺跡、悪の組織と、お約束のストーリー。

















え?簡単すぎる?









それじゃオモシロミがわからん?















もっとちゃんと説明しろ?








はいはい。。。



えーと、そうやなあ、



スケール感のある映画で、見せ場がたっぷりと盛り込まれた作品に仕上がってるぞ。


良くも悪くも、ディズニー映画らしい予定調和となる


「安心してみていられる娯楽大作」というばそうなんだけど。。。




んじゃ、ネタバレしない予告編程度にストーリーなど少々書くかぁ。






舞台は、古代ペルシャ時代。

伝説の「時間の砂」が収められた短剣「時のダガー」を使うと、数分だけ過去に戻れ、

取り返しのつかない過去を修正することができるという。

それは、世界を支配できる力を手に入れることを意味する。

短剣が悪者の手に渡ることを阻止しようと、王子ダスタン(ジェイク・ギレンホール)と、

彼に協力する聖なる都アラムートの姫タミーナ(ジェマ・アータートン)の冒険が展開。



事件の発端となる、聖なる都アラムートへの侵攻なんだけど、

アラムートが大量に強力な武器を隠し持ち、それをペルシャの敵国に密売している

という偽情報からはじまる。。。。




うーん・・・・・これってやっぱし、



今やってる「グリーン・ゾーン」と同じ展開で、



アメリカの闇の部分、イラク侵攻を皮肉っとるよねぇ、ゼッタイに。





タミーナ役のジェマ・アータートン、ん?どっかでみたなと思ったら



「007/慰めの報酬」や、ついこないだの「タイタンの戦い」にも出てたやん!



あん時は、あのエラ顔にあんまり魅力を感じなかったから、すぐにはわかんなかったぞ、


たみーな


今回の作品のが、ずっと魅力的だ。



ジェイク・ギレンホールの鍛え上げられた肉体と身のこなしは、



テトラポットの先っちょや、釣り船の舳先や、足元の悪い磯で



おっかなびっくり釣りをする我々おっさんたちの心までを魅了する。



うらやましいぞ。あの足腰!


だすたん



そして「時間」とくれば、これはもうファンタジーじゃなくて



SF的な一面もあるわけで



毎度ご都合主義的なオチも、まるっと、おみとおし、想定の範囲内だ。


流星号

 



しかし・・・・

 

 

 



物語は、めでたしめでたし で終わるんだけど



愛を育んだ時間が、命と引き換えにリセットされるということは、



同一人物でなくて、 クローン人間 として復活してるみたいなもんだから、



これじゃぁ、どう考えても、別人なんじゃなかろうか???



まるで、エヴァの綾波レイと、シンジの関係やん。。。。



と ちょっぴり切なく感じる私なのだった。



みんなは、これ観てどう思うかな。 ぜひ感想を。






ちゅーわけで、




個人的には、なかなかおもしろかったので、

 

こいつも B+ をあげよう。















ん? ちょっとまてい!



ふと今思い出したが、 最後の戦いの場へ赴く時、



王子は、近道である秘密の抜け道をつかい、



東京スカイツリー分?くらいのところから、必死で降りてったんやけど。。。。



崩れ去った抜け道から、やむなく引き返した王妃なんて、



あっというま、まるで3階から階段で降りてきたくらいで、



戦いの場に到着してたぞ!? なんでやねん??



お~い!製作責任者でてこ~い!

 

観に行く人は、ここんとこ要チェックだ。 と かる~く ダメだし 

2010.06.01 柳の下その2

5月29日土曜日 大潮



ローレンス・フィッシュバーン似の義弟あっちゃんと 


ろーれんす

リベンジを誓い、ふたたび出撃。




 

 

 

 

 

 




惨敗!

 

 

 

 

 

 

一徹


 

 

 

 

 

 

 

img90b7b6a3zik9zj.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。