上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回のトホホ大雨ブログネタ、

なんてコメントが早いし 多いのさ

( ̄_ ̄|||)どよ~ん

ま、いいか 


ところで

草薙クン元気に帰ってきましたね。

行為の良し悪しは別にして、彼の人間臭い面がみれたことで、

事件前よりもかえってファンを増やしたんじゃないでしょうか。

やっぱ、お酒は、いつも楽しく飲みたいもんですね、

帰ってきた雨の貴公子hiropon168です、こんにちは。



お酒といえば、



昨日仕事から帰ると、クール宅急便がニャーと届いておりました。

P5300332



実は、大親友のkurumayaさんの陰謀(笑)にかっぽりとはまり



元坂酒造の平成21年度「八兵衛純米酒の会」に入会



入会金1万円で



年間(5月7月10月)7銘柄のお酒が蔵元から送られてきます。



今回は その第1回発送分でした。


P5300340


日本酒は、米づくりからといいますが、



原料米に 『伊勢錦』 『神の穂』 を使っています。しらないお米でしょ?



(゚◇゚ )エ? 飲みたい?



ほんじゃ、マァイッパイ( ^‐^)_凸 ささっどぉぞっ



って写真だけですけど 


P5300334


P5300338


P5300339


P5300346


P5300345


P5300343



味? 美味いにきまってるじゃないですか 



至福の夜でごじゃいました。



でも

 

すっ裸で公園にあぐらかいて座りませんでしたから念のため

スポンサーサイト
2009.05.26 緇?柑

皆様お元気でしょうか? 新型にやられてませんか?

新型ウイルスには、やられてないまでも

職場の新型○○○にやられてます。

(ノ`△´)ノ彡 :・’∵:.┻┻:・’.:チャブダイ

がまんがまん多くを語らずhiropon168です こんにちは。





お友達のドクターT師匠との先月からのお約束にて



24日の日曜日は、仲良く筏釣りへ 





Dr.T 「hiropon168くん、錦の16号筏を予約しといたからねー」



Hiropon168「ありがとうございます。16号って言うと岸よりですね」



T「満員らしいよ。キャンセルが出たら沖のほうの筏にしてあげるってさ。

  ところでさー、キミといくと、めっちゃ天候不順の確率が高いんやけど

  大丈夫かいなぁ、カッパが必須やもんなぁ。(笑)

  そういえば去年は、2度も土砂降りで中止、港の直前でも

  ひきかえしたことあったよなあ(笑)」



H「なーにいってんですかぁ、もうすっかりアメオトコは卒業ですよー。

  ここんとこ休日のエギングは100%晴れですよ晴れ。

  5月は雨雲みたことないですよ。いやー日焼けして困っちゃうなー(笑)」



T「ほんまかいなぁ(笑)  天気予報はどうやっけ?」



H「今、直近情報を携帯でみてますけど、お昼までは曇りで、

  夕方までは晴れ、風もなさそうですよ。ほーら大丈夫ですって。」



T「ほんとかなぁ? ここぞというときに降らせてくれるからねえ(笑)

  ところでhiropon168くんは 今日は何ねらうの?

  僕は、チヌもちょっとあきたし、カワハギをメインでねらいつつ、

  ヤエン泳がせときーの、エギも少々振ろうかと(笑)」



H「あ、まったく同じ発想(笑)」



などと、 たわいない話をしながら



客でごったがえす餌屋さんで仕込みを済ませ、錦漁港到着。



幸い、沖の2号筏にキャンセルが出る。出船は6時、渡船は満員御礼だ。



ふたりで ゆったり筏上



筏の全景(となりの3号ね)は こんな感じ。わかるかな。


ikada


デジイチは濡れるとヤだから(むしのしらせか?)
釣りのお供にしないので今回は携帯のカメラである
携帯のカメラだからといって画質はあなどれないが、
いかんせん液晶が太陽光で見えないため、なにを
写してんだか構図がどないなってるのかまったく
さっぱりわかんないのが難点だ




最初の攻めは、先生はカワハギ、私はしばしエギング



先生にアタリ頻発するも 次々に針を切られ



犯人とおぼしきデカフグを釣り上げ、先生のココロ折れる。



 

筏に乗ること2時間、アオリの姿もなく



先生と代わること、カワハギ狙いの私。



カワハギ釣りは、穂先の微々たるアタリに



電光石火のあわせが必要なので



魚とまさに勝負しているようで



けっこう好きな釣りだ。



アケミ貝を餌に、着底と同時の微細なアタリで



餌は忽然と消え去る。。。。コンニャローメ!と



何度かのやり取りのあと、24センチゲット

 



kawahagi1


続いて同じサイズをもう1枚 



間髪をいれずの3度目は、引きが強い!



こりゃフグやね??



と思ったが、予想に反し あがってきたのは、



27センチのうまそーなカワハギちゃん。



肝もパンパンにはいってる。



kawahagi2





ひとりテンションあがってて、ふとわれにかえれば、



ん? 水面に輪が・・・ ぽつんぽつんぽつん



隣を見れば、先生は何かを察したのかもうカッパを着始めている。



sensei

「だいじょうぶですってば!あがりますって!」




携帯での天気予報



雨量0ミリの小雨、15時から晴れ



小雨かチェッ! 完全に雨はないとよんだのに。



しゃーないのお、0ミリなら、まあ勘弁したるか。。。。。



と思ったものの

 

 

 

 





雨が降ったりやんだりーの。。。。。。。。。

 

 

 

 





11時には、



すでに 先生は、こんな姿になってえのー


ame

コマセは おかゆになりーの・・・

 




もうすでに 釣りにはならない

 

 

 

 

 

 



12時には

 




豪雨!!!!!



dosyaburi



13時には





雷雨!!!!!!






電光と雷鳴!!!!




光まくる稲妻ふりしきる雨





14時には





加えて風も強くなり、

 

 

ギブアップ宣言



漁協に迎えの連絡を入れる。



撤収作業もひと苦労。

 



道具いっさいが ずぶ濡れ。

 

 



14時半



迎えの漁船に乗り込むと、とたんに

 

 

 

 

 

 

雨は小雨に・・・・・・・ 




錦漁港へ上陸。





なぜかアレだけ降っていた雨はやみ、

 

 

ぽっかりと 青空が。


 





ポツリと ドクターがつぶやく。





「おまえ、また伝説つくったな。(笑)」



 

 



    ううっ・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 




なにがなんだか


やっぱりいくら毒性が弱いといっても、もしものことがあったらヤバイよね、
新型インフルエンザ。インフルエンザ・パンデミックになりつつある現在、
人の移動や人との接触をなるたけ避けるようにすることが、一番罹患しない早道。



と ブログお友達のターチ師匠がおっしゃるので

インフルエンザ予防で、

しかたなく、休日の19日は

人口密度の低いローカルな釣り場に行きましたとさ 

hiropon168です こんにちは。




前回堤防でうんざりしたため、ヤエン師もいない場所を選び、



今回は、難しいけど



磯もわずかにある サーフをあえて 攻めてみることに。



なんと 清らかな  すがすがしい早朝の海辺。



浜辺には誰もいない。 新型インフルエンザもいない。



さっそく海岸のでっぱったブロックの上に立ち



沖の藻場に向けて、 えいやっと渾身の遠投。



大きくしゃくると、間髪をいれずに生命反応



すかさずあわせをくれてやると



今シーズン初のアオリイカ!



くコ:彡~  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\o(^▽^@) 

ika


でも


大きくみえるけど、実は残念ながら



秋イカの頃のコロッケサイズ 



しかし、いきなり第1投目で釣り上げたもので



テンション上昇。 次こそはデカイカをと



腰を据え、さんざんねばるも後が続かず、



追加の釣果は小ダコなどリリースサイズしかおらへん。



「これこれ、目の前を泳ぐ子イカたち、子イカたち



おかーさんイカを呼んでくれへんかぁ。え?いや?あっそ」








されど



涼やかな微風 と 青空、 透きとおる海




静寂のなかの潮騒。。。




竿が空を切り ラインが擦れる音。。。




静寂。。。。




潮騒。。。。




時折走る紀勢線の列車の音。。。。




静寂。。。。




潮騒。。。。




魚のはねる音。。。。




静寂。。。。




潮騒。。。。




漁船の音。。。。




静寂。。。。



潮騒。。。。




潮騒。。。。




潮騒。。。。





あぁー まったりとした甘美な時の流れ・・・



ぼ~っとくつろぎ



エギングを忘れそうになる私 



16時 納竿



貧果ながらも



40%オフで買ったリールと



新しいクーラーボックスに



墨付け完了

40%OFF


ku-ra-


1日 竿を振りすぎて、



上腕と手首が痛い



されど、癒された休日なり。






アメオトコも卒業だなぁ と 見上げるトンビが舞う南空。



こうして、新型インフルエンザ感染予防に全力をつくしたのであった



めでたしめでたし

 

とキレイにまとめておこう 



期待しても トホホなオチは 今回あらへんよ



(V)o\o(V)ふぉふぉふぉ

おはようございます。

ただいま4時

深夜に入居者の方が容態急変

緊急出動

終末期のターミナルケアの方だったため

家族、職員とともに丁寧に看取りをし

葬儀屋さんの到着を今静かに待っております。



その方は明治42年2月生まれ

なんと100歳の大往生でした。

自分の倍の人生、たいしたものです。

ご冥福を祈ります。



ってはやく葬儀屋さんこないかなあ、

もう3時間たってるやん。眠いがな
2009.05.13 マナー

更新が滞り気味、すっかり幽霊ブロガー

hiropon168ですこんにちは。



さて、火曜日お休みがもらえたので、



竿を積み込み、いそいそと堤防へおでかけ。



ここから先は、釣りが趣味の人にしかなんのこっちゃ?って



判らん話になるのでお許しを。



実は、ちょっとムカついてますねん。



この日も三重県を南下、早朝5時前に堤防へ到着。



どこのとはあえて書かないけど、わりと大き目の釣り場。



いつもなら、貸しきり状態、なおかつGW後の平日だから



誰もいないだろうと思ったら、遠目に先行者が8人ほど確認。



まあ、それぐらいなら、狭い場所でもないし、



ゆったりとエギングができるなと



思ったのもつかのま。。。。。。

 





近づいてみれば、8人は、ワゴン2台で乗り付けている同一グループ。



挨拶しても無視の態度。   まあ、それも許そう・・・そんなヤツもいるだろう



が、

 

みれば、ヤエンの竿を1人につき3本~4本も出している。



まあ、それも心の広いオイラ、そんなヤツもいるだろう・・・

 



が!

 

 



あろうことか、非常識にも


その他にも、まったく使いもしないのに、かたっぱしから、



エギングロッドを各所にちりばめ置いている。

 



てめーら!

ええかげんにせい!

花見の場所取りかっ!



8人でいったい何十メートル確保しとんねん!!



だいまじん.jpg




と、怒鳴りたいのをぐっとおさえる私。。。。

 

明らかに、



「この堤防は、すべて我々グループが占拠した」



といわんばかりの悪意を持った行動である。



しかたなく、端の釣れそうもないスペースに竿をだすも、



そこですら、



そいつらのヤエンのアジは、横走りしてくる。



ほったらかされているため、こっちの竿に絡まるので、



落ち着いてキャストもできない。



そいつらは、 「失礼しました」 とも詫びない!



後から来たオマエが悪いんだといわんばかりの一瞥。






非常に不愉快!

実に不愉快!





そんなこんなで、数少ない貴重な休みなのにまったく戦意喪失。



腰をすえて1日楽しむ気にもなれず、数時間でドロップアウト。



そんな腹立たしさが釣果にもでて



本日の獲物は、予定よりも足が2本足りない



800グラムのタコが1匹なり



くそおおおおお!




tako
tako

おまえにあたってもしゃーないか

5月1日仕事帰り、直行で映画館へ向かう。


18時50分から上映の 『スラムドッグ$ミリオネア』 を見に。


なぜこの作品がアカデミー賞をそうなめに受賞したのか確かめたかった


うーん 確かに


いい作品だった


テンポのよい曲を背景に、スラム街を子供たちが逃げ回る。


冒頭、こりゃぁヘビーな作品か?とみがまえたが、


結果、心晴れやかに劇場を出ることができた。


原作の「ぼくと1ルピーの神様」も読んでみたくなった。





この映画には、日本でも「みのもんた」でお馴染みの


クイズミリオネアが登場。


みのもんた駅


ちなみに、これから映画を見る人のために予備知識を。


ミリオネアは、もともと


『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』 という番組が


1998年にイギリスで放送開始。


人気があったため、その後、同番組のスタジオセット・音楽・照明


・コンピュータの部分まで統一された基本パッケージが、


世界中の放送局に販売、現在までに100ヶ国以上で放送されたという。


ミリオネア:インド版は、2000年から放送開始。


それがこの映画の舞台となっている。


日本版もかなり昔から、みのさんが、ふぁいなるあんさー?って


やってたような気もするけど、同じく2000年放映開始のようだ。


インドの賞金額は、2000万ルピー


1ルピーの為替相場は1.9円くらいだから、


日本円の約2倍、大したことのないような気もするけど


物価などを考慮した実際の生活上の金銭価値は


100ルピー=1,000円くらいらしい。


ちゅーことは、4000万円でなくて、2億くらいと考えておくと、


映画がより楽しめるのではなかろうか。


てっきりインド映画でしょ?と思ってたらイギリス映画だったのね。



冒頭シーン、肥溜めに落ちたからウンをつかんだのか??


と思ったのは私だけ?


映画の公開も終盤なので、見てない人は急ぐべし!

みりおねあ
インフルエンザの話題が今朝もマスコミを賑わせている。


ひょっとしてひょっとしたら、


背後にこんな シナリオがあったりして





実は、WHOは年内にも、鳥由来の強毒性のインフルエンザが発生する


と予測している。


その強毒性は、想像以上の致死率であることも知っているが、パニック


を怖れ緘口令がしかれている。


これまでに新型インフルエンザ対策を進言し、各国にその脅威を事前に


訴えるも、現実感がないため、対応はゆるく、それに対する対策も完全


ではない。


このまま仮に、強毒性のインフルエンザがパンデミックをおこすとなると、


ワクチン生産完了までに、世界規模で膨大な数の死者が発生する。


WHOは人類が壊滅するような事態をなんとか防ぎたいが、このままでは


手のうちようがない。


そこで、最終手段として、リアルな大規模予行演習の可能性を模索。。。。。


既存のブタインフルエンザウイルスの「弱毒性」A型株を、ひそかに人為的に


変異させ、新型として拡散流行させるプロジェクトが始動。 「新型」が完成。


今回、その弱毒株による流行拡大が進行、いまや、全世界はそれに対する対策


に追われており、WHOのねらいは、みごとに成功している。。。。。。。。






つまり、迫り来る恐怖の「殺人ウイルス」が大流行する前に、それに対向する


全世界的規模の防災訓練・対策訓練を事前にやっているのではないだろうか?




ほんとうは、



鳥インフルエンザ由来の、強毒性の新型殺人ウイルスの到来が、


1ヶ月先にでも 控えていたりして。。。。







ひえー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。