上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.27 わっきー

日々の仕事に追われ、更新が滞る今日この頃
お元気ですか?日記カキコミ率25% Hiropon168です。




さて今回のネタは、昨年7月のリメイクでおおくりしています



って、おーい、こぉらぁ~


先日もリメイクで書いてたばっかじゃねーかよー

とツッコミの皆さんを尻目に、サクサクと書き進めます。




内容はほとんど昨年版のクローンですから、期待して読まないように。



だってネタねーんだもん
(T-T)
 


仕事ばっかで

どっこにも遊びにいってないしさー (T-T)

カナダまでキャンプとか、クルーザーとか、

大物釣りとか、大ごちそうとか

誰かそんなネタを私に下さい(T-T)




さて昨年同様、この時期に(←注釈:書き始めは昨年と若干ちがうぞ)


職場の中庭の敷石(インターロッキング)を、


高圧洗浄機、俗に言うコンプレッサーなるものを使いお掃除。



コンプレッサーの機械は、


黄色い小ぶりのおちゃめなヤツで、けっこう使い勝手がよく、


我が家でもほしいくらい。


買ってしまうと仕事が増える恐れもあるが…


今回は写真も掲載してしまおう。

↓これだ
こんぷれっさー


梅雨のせいで苔むした敷石が、高圧の水をバリバリと噴射され、


雑草もろとも、一皮きれ~にむけて、


美しくなるのは、やっていても みょーに気持ちがよくって、


はじけた泥水を、スーツのズボンにあびながらも、


はっ!


なんでスーツでやってんねん(汗)




カッパはどこや~?



ついつい夢中になってやっている おばかな私・・・・



今年もか・・・



しかしながら、わずか2時間もそれを続けただけで、


軟弱な私の腕と手は、ヨレヨレとなり、シビレまくり


昨年同様、


まるで


ワッキー演じる 『芝刈り機』


のようになってしまった。

(って、今じゃワッキーは、そんな1発芸してないし)


そのため 作業後の事務仕事は、震える手のために、


美しい字がますます美しく シュールなアートのよう。


なんと美しい筆跡(自画自賛、自画絶賛)



しかし、


コンプレッサーというネーミング


コンプレックスとは大違い


なにかしら惹かれる いさぎよい響き がある、




『 ありますよー、俺だってコンプレックス、


  でも、ためたストレス、バネにして、


  バリバリと水吐き出して頑張ってやってまっせー 』


 みたいな (笑)


 

 コンプレッサー様、


  俺も君をみならいたい



 



 リメイク版、終了






ん?・・・・・





ワッキーを、みならうというんではないんよ。





まぁ、いいかぁ、





じゃぁこれで





・・・・・ しゃーないから、オチは、コレにしとくか ・・・・


 

 

 

 






わっきー


























やけくそでもういっちょー


わっきー2

く、くどい!(汗)
スポンサーサイト
2006.06.23 うむー
eki


_| ̄|○ また四年後
2006.06.13 リメイク

前回紹介のポセイドンだってリメイク
ってなわけで
今回の内容は、わけあって
2005年10月15日版のリメイクでお送りいたします(涙)




hiropon168は、悪の秘密結社「どぉショッカー」の改造人間だった


天候を自在に操る彼は、


あるときは 初ツーリング、新車ピカピカの750ccのオートバイを


突然の雷雨でどろんこにしたり、


またあるときは、


正月のスキー旅行のゲレンデを雷雨へと変えたり、


またあるときは


東京ディズニーランドを


我が子が凍えるほどの冷たい春雨に濡らしたり、


その秘めたる戦闘能力には、恐るべきものがある。






今回も悪の秘密結社「どぉショッカー」の命令のもと、


年に数回しか行かない 『いかだ釣り』 の仲間達を


恐怖のどん底に陥れるのだ!



ゆけっ、改造人間『あめおとこ』よ!


鳥羽市畔蛸エリアを 水浸しとするのじゃ!





ヒェイ!






そう、私は人呼んで雨男



お休みの日にルンルンとどっかへいこうと計画した日に限って、


天候不順



特に、魚釣りたるや、


「ああいい天気やなあ、えーなあ、うれしいなー」、


と思ったことは数えるほどだ。トホホ。


特にイカダ釣りの場合、


最悪は、エサのダンゴが雨水で 


お粥 状態になってしまうことだ。


こうなるともうダンゴってなあに?


どうつくるの?ってお手上げだし、


昼飯も雨の中、



雨茶漬け



になったんじゃ、食う気もしない。




さて、6月11日 前日までの降水確率は


0%


梅雨前線も南海上。


待ちに待った釣り行きは、いつもの5人の仲間。


早朝3時、愛犬 しゅう にワンワンと見送られ家をでる。


見上げれば、なぜか夜空に星はみえない・・・・・・・うっ





エサの調達も含め、自宅から片道2時間半の行程



1時間後、




間歇ワイパー作動



まぁ、だいじょうぶやろ、・・・エサ購入すっか










2時間後、




ワイパー作動



ま、まだ、だいじょうぶやろ、・・・













2時間半後、








ワイパーフル稼働










どないする・・・・




携帯にて天気予報確認、




降水確率80%、風強し



Σ( ̄ロ ̄lll)





撤収!!







早朝より、約5時間弱


楽しい楽しいドライブが終了した。(T-T)




自宅へもどるや、



イヤミのように雨は、すっかりあがっちまった…(T-T)



トホホ・・・



おそるべし、あめおとこ! 



はぁ~   _| ̄|○



運よく、私に釣り上げられず、
大量虐殺をのがれられた魚たちよ、
よかったねえ、ホントによかったねぇ(T-T)




ああ、月曜日の

なんていい天気!(号泣)







雨オトコ

2006.06.09 乗れねぇよっ

どーもー
気分はすっかり梅雨入り。Hiropon168です




貴重な数少ないおやすみ、


みちゃいました


ポセイドン


ん?


おせいどん、 さいごうどん、 おいどん、 なんてのとちがうんよ



人名じゃないから・・・



うなどん、 ぎゅうどん、 かつどん なんてのとちがうよ



ドンブリもの でもないから・・・





映画やで映画!


しっとる?







ぽせいどん


そ、そ、

♪~ポセーイドンは海をゆく~♪


ってそりゃ、

バビル2世にでてくる、ポセイドンやろがい!

(って笑ったあなたは40代)
バビル2世


あかん、しょっぱなから1人漫才やってしもた(反省)



この映画は、
1973年に公開されたポセイドンアドベンチャーのリメイク版だ

中学生だったなあ、たしか・・・うっ、またまた歳がばれてる(汗)

パニック映画って言うジャンルが確立したのもこの映画がヒットしてからで
このあと「タワーリングインフェルノ」やら「大地震」やらでてきたなぁ



当時、ませガキの私は、映画化する話の前からポールギャリコの原作を読んでいた

心を洗われるようなギャリコの短編小説群のなかで、あの小説だけが異質で、
猫好きのファンタジー作家?から、こんなコワイ小説が…と顔を引きつらせて読んだものだった。
ポールギャリコのファンは、あの小説は駄作だから読まなくていいと言ってたものだったが、
私には衝撃的にコワかったスゴイ本のひとつだった。

暗い、狭い、溺れる、苦しい・・・


封切られた「ポセイドンアドベンチャー」は大ヒット

しかし世間のヒットとは別に、私は大いに落胆。


だって小説のほうがコワかったんだもん。


想像力のが映像を超越していたのね(笑)


転覆する船内、すべての照明が消えた中での脱出劇は


まぁ確かに、映像化できないものねえ。


そりゃ、まっくらじゃねー


映画になんない


突然転覆した豪華客船に生き残った一群の人たち、
それぞれの人生から生まれた主観的な神、信念、
そして死が脱出行の中でタペストリーを織りなす。
しかし生き残って現実の中に戻ってみたとき、彼らが唯一生きる道と信じた行為は、
ありとあらゆる選択肢の中の一つでしか無かったことを知ることになる。真実は一つではない。
あまり美しくはなさそうな人生を送っている登場人物の、心の底に見え隠れする美しさが
ギャリコらしくて良かったね。
いまウォルフガング・ペーターゼン監督が【ポセイドン】としてリメイク公開したため、
再版され本屋さんに並んでますので興味ある人はどーぞ。



って、話をポセイドンに戻そう。


ポセイドン


ん?


人名じゃないから・・・


おせいどん、さいごうどん、おいどん、なんてのとちがうよ


あ、これもう言ったな(笑)




ひとこと、


この映画、スゴイ


ポセイドンアドベンチャーとは全く別物の映画にしあがってる。


どっちかというと、原作にこっちのほうが近い感じ。


きっと劇場にいったひとは、


トライアスロンに出場したみたいに


ぐったりとなる


めっちゃめちゃ疲れました。


ネタばれすると悪いのでこれ以上書きません。ぜひどうぞ(笑)


しかし、高所恐怖症ぎみで閉所恐怖症ぎみの私は、


きっと転覆した瞬間で、


もういいもんねー、死んじゃうんだもんねー


とあきらめるな。


豪華客船なんだから、


1985年ものくらいのロマネコンティを探し出して、


おしげもなくラッパ飲みして、


いい気分で寝込んだところで沈没、おっ死にって考えるな、きっと。






えっ、なに?





脱出しようとしても、50肩だからよじ登れないから、無理って?






ん?





それより豪華客船に乗れるはずなんて一生ないから、安心しろって?





まいった

みょうに、前回のブログに対して、


みなさんの食いつきが パックリ とよかったので、


いっそ、こっち路線(Hブログ系)に走ってしまおうかとも、


思ってしまいました(笑)


でも、なんだか最近は、ついつい 『 ウケねらい 』  


に走ってしまい、


うーん ・・・・   こんなんでええんかい?


と 自問自答してしまっている私です。(汗)


いまだに、自分のブログのカラーがわからず、模索中。


小説で言うなら、


作風いまだ固まらず ってやつですね。




ブログの女王といわれる眞鍋かをりさんのように、


もしくは釣りの達人ターチさんのように


スラスラとおもしろおかしく日常が描ける


文才があればええんやけど・・・


目の前の友人に話しかけてるような、彼女の文体は、


ぜひ参考にしたいものです。



しかし、


家では、ヨメとムスメがPCの仁義なき争奪戦!


をくりひろげていますゆえ(苦笑)


なかなか、じっくりとPCの前に座ることができず、


更新が、ついついのびがちになっちまっています。





ここで、私風ブログレシピ



1:ヒマなときにまかせ、面白画像をまったく適当に入手。

  ファイルにぶっこんで煮詰めておきます。

  ※エログロは、アクがでますので、よく取り除くようにしましょう。

2:食べやすいように、WordでA4、1枚までをめやすに、

  わらわらとヒマなときに書いておく

  ※このとき仕事中に作ることが多いため、理事長がきたときなど、

   あわてて手や首などを切らないように切られないように

   注意しましょう…とくにクビはヤバイ(笑)

3:楽天広場を起動させましょう、他のブログに気をとられないように

  じっくりとWordでつくりおきしたのをコピペします。

4:行間を塩、コショウ、みりんでととのえ、

  1:の面白写真?をトッピングすればできあがりです。



お味は、保証の限りではありません



うっ、まずっ!  す、すいません(汗)




さて



ちょいわる不真面目に見える私ですが


これでもけっこうまじめに、しごとやってるんですよ(苦笑)


高齢者の多い施設ゆえ、昨晩も急変者あり、


救急車をよび、緊急対応。


残念ながら亡くなられました。


今夜は、またお通夜に出動です。





弔電やらお通夜やらにどんどん慣れていきます。


そんな私っていったい。(T-T)


最近は


あわてず騒がず、冷静に


救急車依頼をしている自分が逆にコワイ。



それもなんだかなあ・・・と思うこの頃。




それに、人の死に目にたくさんあうと


価値観もかわってきますね。   その話はまたいつか。





金は、たまらず、ストレスばかりたまるなあ、この職業……















挫折禁止


 



 

 

 

あっ、黒ネクタイ忘れてきちまったい!(汗)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。